« ワディ・エル・ホルの「家」〈ベート〉の字源を解説する | トップページ | 昨日に続いて、ワディ・エル・ホル文字の「家」を図案化した字の字源を解明する »

2011年9月 9日 (金)

新聞紙上や書物で流行る「日本再生」という語ほど空々しくしむなしいものはない

ほんとうに「日本再生」をはかるつもりならば、邪馬台国説を明日にも抹殺(まっさつ)しなければならない。

邪馬台国学者たちが言う「文献批判」の実体は「誤読」であり、彼らは約1500年も先人たちが命がけでまもりつづけてきた「日本を創(つく)った真実と真理」を抹殺した。

〔魏と朝鮮半島の帯方郡の使節は大海を渡れなかったにもかかわらず、なにゆえ倭の使節は大海を往来できたのか〕、この秘密の一点に集中して考えれば1時間で邪馬台国説は絶対に誤読の空論以外の何物でもないことが証明される。この原因は邪馬台国説学者たちが「歴史学」の基礎知識をまったく有しないド素人であったからである。この証明は左に示した幻冬舎ルネッサンスから出版された拙著『邪馬台国説は日本を滅ぼす』(1500円+税)で詳細に解説した。

邪馬台国説学者たちは愚(ぐ)にもつかない妄想(もうそう)の邪馬台国説に夢中になって、『魏志』倭人伝が記述する日本古代史で最も重大な歴史の真実・真理を抹殺した。

この『魏志』倭人伝に記述された真実と真理を皇祖・天照大神は憎悪して闇に葬って後世に伝えさせない政策をおこなった。ゆえに、この真実と真理の消滅は天照大神から以後も朝廷の基本的・重点政策となった。

『魏志』倭人伝が説明する【真実】は「倭には後期縄文時代初頭に伝来した夏音文字の学芸」であり、【真理】は「壱与・イザナミノミコトは倭女王になる以前の小国・日本の女王であった時に提唱した小国・日本の国作りの柱となった”愛”の理念」である。

この真実と真理を先人たちは朝廷に抵抗して守った。この先人たちの抵抗運動は、『古事記』・『日本書紀』・『万葉集』・日本最初の小説『竹取物語』の成立、鎌倉幕府・室町幕府・織田信長の出現・江戸幕府の樹立となり、1千万坪の建比良鳥(たけひらとり)の地宜(ちぎ)・金閣寺の庭園・龍安寺の石庭・3千万坪の彦根の地宜・桂離宮の庭園・修学院離宮の庭園となって日本を創造した。

したがって、「歴史学」の「レ」の字も知らない邪馬台国説学者たちは日本を創った夏音文字の学芸と日本建国の”愛”の理念を消滅させただけでなく、約1500年におよぶ最も重大な古代史と先人たちの熱い願望をも抹殺したことになる。

邪馬台国説学者たちが抹殺した真実と真理は、1738年に本格的に復興させた大嘗会(だいじょうえ)において即位する天皇の頭上に高々とかかげる王冠の意匠(いしょう)となって表示された。

福島原発事故からの日本再生を本気ではかるためには、約1500年も先人たちが命がけで後世の人々に残さんと守りとおした”日本を創った真実と真理”を再生しなければならない。そのためには、完全なる誤読の空論である邪馬台国説を憎悪して一刻も早く廃棄(はいき)し、邪馬台国説学者たちが役立たずであったことを世に知らしめなければならない。

しかし、知識人やマスコミはこの事実の暴露を躊躇(ちゅうしょ)して邪馬台国説学者たちを庇(かば)うにちがいない。だから、「日本再生」という語は空々しくてむなしい。

日本再生はできるはずがない。知識人やマスコミは邪馬台国説が建物が破壊された原子炉以上に危険な日本消滅の原因となる事実を暴露(ばくろ)するとは思えないからである。

左に示した拙著『邪馬台国説が日本を滅ぼす』では、邪馬台国説が日本消滅の原因となる事実を暴露した。

|

« ワディ・エル・ホルの「家」〈ベート〉の字源を解説する | トップページ | 昨日に続いて、ワディ・エル・ホル文字の「家」を図案化した字の字源を解明する »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

卑弥呼」カテゴリの記事

邪馬台国」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

漢字の起源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新聞紙上や書物で流行る「日本再生」という語ほど空々しくしむなしいものはない:

« ワディ・エル・ホルの「家」〈ベート〉の字源を解説する | トップページ | 昨日に続いて、ワディ・エル・ホル文字の「家」を図案化した字の字源を解明する »