« 天皇の王冠すなわち日本のもっとも気高き理想を、ウソ八百の邪馬台国説が凌辱する | トップページ | 邪馬台国説は自国を殺す狂気にして絶対悪である »

2011年10月20日 (木)

ウソ八百の邪馬台国説は、日本人にとっていちばん大事な真理を滅ぼす

『魏志倭人伝』に余計なお節介”文献批判”を加えなければ 「日本」は滅びない

『魏志倭人伝』の記事はすべて正しく 

『魏志倭人伝』は「日本」のすべてを創(つく)った根元知と もっとも気高き日本の理想を伝える

”文献批判”によって 「日本」のすべてを創った根元知ともっとも気高き理想は存在しないものとなった

『魏志倭人伝』に加える”文献批判”は新井白石以来続く【誤読】であって 邪馬台国説はすべてウソである

【誤読】からは ウソしか生まれない 【誤読】からはウソしか生まれないことは邪馬台国説によって証明される

「日本」のすべてを創った根元知ともっとも気高き日本人民のための理想を伝える『魏志倭人伝』の記事に 白石が【誤読】を用いて消滅していることにビックリして 白石の死から13年後の1738年 皇室は大嘗会(だいじょうえ)を本格的に復興して 即位する天皇の頭上に高々とかかげる天皇の王冠の意匠(いしょう)で 『魏志倭人伝』のすべての記事は正しいと表明した

天皇の王冠の上の大鳥を造形する飾りは日本のすべてを創った根元知を

天皇の王冠の下のすげ笠の飾りで 人民の家々の神だなに設置される神具「水器(すいき)」のフタの「乳房」の形を造形するようにして もっとも気高き日本人の理想”愛”を表現する

『魏志倭人伝』の末部に登場する倭女王・壱与(いよ)は『古事記』上巻に登場する伊耶那美命(いざなみのみこと)であり 彼女は人民のために日本建国の”愛”の理念を提唱した

天皇の王冠の下のすげ笠の飾りは 伊耶那美命が人民のために提唱した日本建国の”愛”の理念をあらわす

3世紀後半から大嘗会が本格的に復興した1738年までの約1500年間 『魏志倭人伝』のすべての字で証明でき また幾つかの記事で「倭には文字があった」と記述する【夏音(かおん)文字】と 末部に記述された徇葬(じゅんんそう)をめぐって 皇室と人民ははげしく対立して 暗闘(あんとう)をつづけた

『魏志倭人伝』の末部は「百余人の18才の青年と13才の乙女を殺して 卑弥呼の墓に埋葬した。この徇葬・国家儀式を 人民は憎悪して反乱をおこし 倭の政府軍は千余人の反乱者たちを殺した」と書く

『古事記』上巻の伊耶那岐命(いざなきのみこと)の黄泉国(よみのくに)訪問説話は「倭女王・天照大神=黄泉国の伊耶那美命(いざなみのみこと)が前の倭女王・伊耶那美命の墓を作るとき 伊耶那美命が没する時に徇葬を禁止するようにと遺言したにもかかわらず この遺言を無視して 多数の青年と乙女たちを殺して徇葬を決行した」と記述する 

この『古事記』上巻の随所に記載される〔音〕という注が付く1字1音読みの文字は【夏音文字】である 『古事記』の序はその全体を通して「夏代初頭(わが国の後期縄文時代初頭)に【夏音文字】が伝来した」と説明するものである 後期縄文時代初頭に相当する国の特別史跡・大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)の万座遺跡と野中堂遺跡(秋田県鹿角市に所在する)には 現在も【夏音文字】が伝来した痕跡が明確に残っている

【夏音文字】は殷(いん)代の甲骨文字よりも約750年前の 今から約4050年前にわが国に伝来した原初漢字であり 中国の五経に第一にあげられる古典『易経』の繋辞(けいじ)上伝と下伝にある漢字起源記事が伝えるとおり 【銀河各部の形状】を【文字】とする漢字であった(この詳細は、左に表示した幻冬舎ルネッサンスから出版された拙著『邪馬台国説が日本を滅ぼす』を参照していただきたい)

【夏音文字】は【銀河各部の形状】を【文字】とする漢字であるゆえ 『魏志倭人伝』と『古事記』上巻の【夏音文字】はじめすべての漢字を【銀河各部の形状】に直すと 歴史の真相・真実が手に取るように明確になる 

本来【夏音文字】は象形文字であったが 『魏志倭人伝』と『古事記』上巻に使用される楷書の字形でも 【銀河各部の形状】に直すと皇室が人民に知られたならば皇室が滅亡するとおそれた 皇祖・天照大神が残虐な徇葬を決行した歴史が明らかになった

ゆえに 歴代天皇は『魏志倭人伝』と『古事記』上巻の【夏音文字】の抹殺(まっさつ)に躍起になり 人民は たとえば”愛”の女王・伊耶那美命に熱烈に憧れた舎人皇子 源頼朝 足利尊氏 織田信長 徳川家康 臨済宗をひろめた栄西はじめ禅僧たちは 【夏音文字】の保存に努力し 特に織田信長は安土城を築き 徳川家康は3千万坪の彦根市の大鳥の地上絵を彦根藩に命令し作らせて 【夏音文字】を復興するように皇室にはげしく迫っった

このような皇室と人民は 日本のすべてを創った【夏音文字】と もっとも気高き日本の”愛”の建国理念をめぐって 激しく対立した ゆえに新井白石の『魏志倭人伝』に【誤読】を加える出鱈目(でたらめ)は 1500年も対立して「日本」の屋台骨をどうするかと皇室と人民が争った 『魏志倭人伝』と『古事記』上巻に記述された歴史の真相と真実を抹殺するものとなった

皇室と人民が1500年にもおよんで争ったのはそれが「日本」を創った真実でったからであり また真実の歴史であったからである このことは1500年におよぶ歴史によって思い知っていたことであったので 皇室は白石がおこなった無責任な【誤読】が世にはびこると 皇室どころか「日本」そのものが滅亡すると恐怖を抱き 天皇の王冠の意匠で『魏志倭人伝』の記事はすべて真実であると表明したのである

だから 白石以来約280年におよぶ邪馬台国説研究史は 日本にとっていちばん大事な真理を滅ぼすウソ八百の空論ということになる このことは 天地に誓って事実である

天皇の王冠は夏音文字と”愛”の理念をかかげて日本国が誕生した歴史の真理は 人民が絶対に失ってならない真実であると表示する 

この真理を邪馬台国説は【誤読】をもって凌辱(りょうじょく)し 日本人を徹底的に侮辱する

|

« 天皇の王冠すなわち日本のもっとも気高き理想を、ウソ八百の邪馬台国説が凌辱する | トップページ | 邪馬台国説は自国を殺す狂気にして絶対悪である »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

卑弥呼」カテゴリの記事

邪馬台国」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

アルファベットの起源」カテゴリの記事

漢字の起源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウソ八百の邪馬台国説は、日本人にとっていちばん大事な真理を滅ぼす:

« 天皇の王冠すなわち日本のもっとも気高き理想を、ウソ八百の邪馬台国説が凌辱する | トップページ | 邪馬台国説は自国を殺す狂気にして絶対悪である »