« 邪馬台国説は自国を殺す狂気にして絶対悪である | トップページ | 邪馬台国説なんかまったくいらない 世界の古代文字は【銀河】から作られた❷ »

2011年10月22日 (土)

最初に【文字】は【銀河各部の形状】であった 世界の古代文字は【銀河】から作られた ❶ 

左に表示した幻冬舎ルネッサンスから出版された拙著『邪馬台国説が日本を滅ぼす』の資料Bの銀河の写真は すべての漢字の字源を知ることができる1400字前後の基本字のすべての字源が解明できる銀河全像である

世界の各地において 星座名は存在する しかし 不思議なことに世界中のどこにも星座の形よりも明確な形を有する銀河各部の名称はまったく存在しない 現在においても存在しない 

いや たった一つ拙著『邪馬台国説が日本を滅ぼす』で銀河各部の名称が産声をあげた

文字は 王朝の政治と権力の基盤 王朝の莫大な富を得る方法 暦を作って豊かな農作物を収穫するための科学(天文地理学や数学)と芸術と文化の根元となる知性 神への崇拝にともなって人民に王を畏敬(いけい)させる方法とした起源した

漢字の字源を解説する字書の聖典『説文解字』の序は「けだし文字は経芸の本、王政の始め、前人のもって後人に垂(た)れるところ、後人のもって古(いにしえ)を識(し)るなり」と記述し 「文字は経(医学と天文地理学)と芸術の根本であり、王道政治を始めるために真っ先に必要な偉大な発明であり、この文字の発明によって王たちの名や事績を文字で伝えて後世の人々が歴史を知ることができるようになった」と伝える

学者たちは一様に現在の「文字」の通念(つうねん)にもとづいて「文字はことばをしるす記号」と考えるが 【文字】は上記に列挙した王の強大な権力や莫大な富を得る方法として発明されたもので 「ことばをしるす記号」として考案されるものではなかった

学界は 漢字の最も古い祖型は殷代の甲骨文字と定める この考えは根本的に誤っている 甲骨文字を確かな最古の漢字とする意見は「文字はことばをしるす記号」という現代の通念にもとづいているからである

世界中探しても なぜ銀河各部に名称が無いのか 『説文解字』の序の「けだし文字は経芸の本、王政の始め、前人のもって後人に垂れるところ、後人のもって古を識るなり」という文にもとづくと 中国の甲骨文字よりも前の 夏(か)代初頭の夏音文字・五帝時代の書契(わが国では「刻木」と称した)・三皇時代の結縄も漢字にして文字である さらに 結縄よりも古い【文字】は【銀河各部の形状】であったと考えるべきことになる

というのも 中国の五経の第一に挙げられる古典『易経』繋辞(けいじ)下伝に「仰いでは天象(てんぞう)を観、俯しては地法を観、鳥獣の文と地宜(ちぎ)を観る。(中略)。もって万物の情に類して文字を作った」という記事があるからである この文に登場する「天象」は【銀河各部の形状】である だから 【銀河各部の形状】は【文字】であった

「銀河」は「銀漢」とも言い 「銀漢から作られた字」すなわち「漢字」となる 「漢字」は「文字」とも言い 天の銀河から多数の文字が作られたので「天に多数の文字ありき」から「夜空」は「天文」といわれるようになった

殷代の甲骨文字と周代の金文の字形は 拙著『邪馬台国説が日本を滅ぼす』の資料Bの「天象」すなわち「銀河各部の形状」に相似するように図案化されていることが証明できる  だから 【銀河各部の形状】は【文字】であった

702年 「倭」から「日本」へ国号を改める承認を中国王朝に得るために 中国に渡った日本の遣唐使は「後稍(のち・やや)夏音を習う」と発言し わが国には夏代初頭(縄文後期初頭)に夏音文字が伝来していると 第一級の最も重大な皇室の権力基盤である夏音文字について語った

この夏音文字は『魏志倭人伝』の「卑弥呼」はじめ人名や34小国の名に用いられて現存する また702年の10年後の712年に完成した『古事記』の上巻の随所に〔音〕という注がつく1字1音読みの文字も夏音文字である

『古事記』の冒頭・序の冒頭は【上巻 并(あわ)せて序】と変則的な[序]を作って――上巻の〔音〕文字は夏音文字であり、この秘密は暴露すると死刑とされるが、どうか後世の人々よ【銀河各部の形状】が【文字】であることに気づき、上古のイザナミノミコトが日本建国の”愛”の理念を提唱して人民に”愛”を尊重するように説いた歴史と、この日本建国の”愛”の理念を憎悪した皇祖・天照大神の強大な権力で人民を苦しめた悪政の歴史を解明せよ。『古事記』序と上巻の夏音文字はじめすべての漢字を【銀河各部の形状】にすれば、上巻の歴史の真相と真実の全貌は解明される――と、[序]の冒頭から終わりまでの文で 絶対に洩らしてはならないと禁止された第1級の国家機密を難解な文章に仕立てて詳細に解説し 「わが国には夏音文字があった」と後世に伝えている 

皇室が崇拝する天照大神の悪政を暴く『古事記』は反権力史書であった このために 『古事記』は正史になれず 元明天皇は献呈を拒絶し 正史『続日本紀(しょくにほんぎ)』は『古事記』作成や完成など『古事記』に関する記事をいっさい削除(さくじょ)した

イザナミノミコトが提唱した日本建国の”愛”の理念を憎悪した大和王朝の天照大神が倭女王となって統治した3世紀後半 スサノヲノミコト一派が暴動をおこして天照大神に抵抗した そして スサノヲノミコトの抵抗運動に触発(しょくはつ)されて 夏音文字を残して日本建国の”愛”の理念を後世に伝えることを決心して静岡県西部の遠江の豪族・建比良鳥命(たけひらとりのみこと)は1千万坪の大鳥の地上絵を作った この大鳥の地上絵は 現在 静岡県浜松市北区細江(ほそえ)町の行政区域として残っった 

この3世紀後半に作成された細江町の1千万坪の大鳥の地上絵は 『魏志倭人伝』に同時代に作られた ゆえに『魏志倭人伝』と細江町の大鳥の地上絵によって 世界で初めて最古の【文字】は【銀河各部の形状】であったことが科学的に明確に証明できる

この細江町の地上絵は北隣の引佐(いな)町の井伊谷(いいのや)に居住する井伊氏に守られて保存された

この井伊氏は 17世紀初頭に彦根藩の藩主となって滋賀県彦根市に移住した

1603年 徳川家康は彦根近隣の7ヵ国12大名に動員を命じて 彦根藩の3千万坪の大鳥の地上絵の作成を助勢するように命令して この大鳥の地上絵の作成工事は着工された この大鳥の地上絵は20年後の1622年に完成した この3千万坪の大鳥の地上絵は 現在の彦根市の行政区域である 

彦根市の大鳥の地上絵は 702年の遣唐使が中国王朝に伝えた「後稍夏音を習う」という発言にもとづいて設計され 東のグニョグニョと蛇行する境界線で「鳥の翼の全体の形」を設計しないようにして「胴体と結合する翼の根元だけの形」を示して「未だ夏音文字は復興せず」と表現する 

この彦根の大鳥の地上絵の秘密の詳細な解説については 私はインターネットの掲示板「日本古代の大鳥の地上絵」で公開したので 参照していただきたい

したがって 井伊氏の本拠地である1千万坪の大鳥の地上絵と『魏志倭人伝』によって 世界の古代文字は【銀河の形状】が始まったことが科学的に証明されることになる

私はインターネットの掲示板「ワディ・エル・ホル文字」を公開し ABC・アルファベットのルーツとされるワディ・エル・ホル文字は銀河各部の形状に合致することを解説した

アンドルー・ロビンソン著 片山陽子訳者『文字の起源と歴史』(創元社発行)の107頁は「エジプトのヒエログリフは何世紀もかけて進化してきたのではなく、紀元前3100年頃、ちょうどエジプト第1王朝が始まる少し前に、突然、ほとんど完成された形で出現したようにみえる。」と書く。

つまり 古代エジプトの聖刻文字・ヒエログリフもまた 【銀河各部の形状】が【文字】であり 中国の字書の聖典『説文解字』が序「けだし文字は経芸の本、王政の始め」と指摘するように 第1王朝が始まる黎明期(れいめいき)に【銀河各部の形状】の図案化がおこなわれ 紀元前3100年頃 突然 出現したのである というのも エジプトには中国の『易経』のような「文字は銀河から作られた」と記す文献史料は存在しないが 古代エジプトでは天文学が発達し ヒエログリフは「神のことばを文字にしたもの」と伝えられている 古代エジプトの神々は天に存在し 神々の姿は銀河各部の形状やイメージに相似する だから 漢字同様に「ヒエログリフは銀河から作られた」と考えるべきことになる

わが国でも 始めて卑弥呼によって国家(倭国)が創設する王朝が始まったゆえ 【銀河各部の形状】が【文字】となる夏音文字が卑弥呼王朝の政権基盤となったのである

世界でたったひとつ 仮説でも推定でもなく論理的意見でもなく 静岡県浜松市北区細江町の1千万坪の大鳥の地上絵を調査すると 同時代に作られた『魏志倭人伝』のすべての文字を 『易経』繋辞下伝の漢字起源記事にもとづいて【銀河各部の形状】に代えると わが国がに伝来していることが科学的に証明される そして 中国の漢字はもちろん 古代エジプトのヒエログリフ ABC・アルファベットのルーツとされるワディ・エル・ホル文字 原シナイ文字 フェニキア文字 ギリシャ文字 ラテン文字も 銀河から作られたことが科学的に証明されることとなる

銀河各部の名称が 世界中を探しても存在しないのは 世界の古代王たちが文字を厳重に独占管理して 文字が銀河から作られた学術を反体制側が手に入れて革命に利用され 王朝が崩壊するのをおそれるものだったからである 文字は偉大なる発明であったから 現在のさまざまな会社においてもいちばん大切な特許を絶対に外部に洩らさないように厳重に管理すると同様に 銀河から文字が作られた秘密は最も厳重な機密であったゆえ 秘密が洩れないために 銀河各部の名称をつけなかったのである また 中国だけが特別であるが 文字を発明した世界の古代王朝は「文字が銀河から作られた」と記述する文献史料の作成を禁じた だから 「文字が銀河から作られた」秘密や 【最古の文字】は【銀河各部の形状】であることが不明となったのである

ところが 日本古代史が奇跡がおこり 『魏志倭人伝』と同時代 静岡県浜松市の一角に1千万坪の大鳥の地上絵が作成され 井伊氏によって守られて残ったために 今日 世界の古代文字は銀河から作られた秘密が科学的に解明できることとなった

このように 静岡県浜松市北区細江町の1千万坪の大鳥の地上絵は 世界に日本が誇る 世界史へと悠然(ゆうぜん)と羽ばたく 世界の古代文字は銀河から作られた秘密が科学的解明できる史跡である

地上絵で有名な世界遺産・ナスカの地上絵の最大の鳥の地上絵の全長は約300m・翼長は約90m いっぽう 細江町の大鳥の地上絵の全長は約8.5km・翼長は約9kmである ナスカの大鳥の地上絵の単位は「m」 細江町の大鳥の地上絵の単位は「km」である

このように 細江町の大鳥の地上絵は遥かに巨大な地上絵であり 永遠不変の形の壮麗な銀河が文字であった古代文字の秘密をつたえる エキサイティングなドラマチックな史跡である

|

« 邪馬台国説は自国を殺す狂気にして絶対悪である | トップページ | 邪馬台国説なんかまったくいらない 世界の古代文字は【銀河】から作られた❷ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

卑弥呼」カテゴリの記事

邪馬台国」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

アルファベットの起源」カテゴリの記事

漢字の起源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初に【文字】は【銀河各部の形状】であった 世界の古代文字は【銀河】から作られた ❶ :

« 邪馬台国説は自国を殺す狂気にして絶対悪である | トップページ | 邪馬台国説なんかまったくいらない 世界の古代文字は【銀河】から作られた❷ »