« イースター島のモアイ像は銀河から作られた 世界の古代文字は【銀河】から作られた❹ | トップページ | 昨夜のNHKテレビの「卑弥呼と邪馬台国の謎」は日本国を消滅させる大罪である・1 »

2011年10月26日 (水)

孔子は「文字は銀河から作られた」と後世に伝えた 世界の古代文字は【銀河】から作られた❺

科学事典を開けば 「蜥蜴(トカゲ)には必ずもとの巣にもどる帰家性がある」と書いてある

上古 中国とわが国の天頂近くにあるいは時代が下って天頂に 蜥蜴(トカゲ)や蜒蜓(イモリ)や守宮(ヤモリ)の姿に観える銀河部が通過した 現在は この銀河部は子午線通過する時に天頂より北を通過する 

1世紀初頭 トカゲ・イモリ・ヤモリの姿が中国と日本列島の天頂を通過した ゆえに1世紀に著作された字源を解説する聖典『説文解字(せつもんかいじ)』は [易]の字源を「蜥蜴・蜒蜓・守宮なり」と解説する

こういうわけで [易]の字源はトカゲの習性の「必ずもとの巣にもどる帰家性」すなわち「食料を求めて生きてゆくために 他の地の文化を取り入れるために 日用必需品を手に入れるためになどさまざまな目的のために 遠い地に旅しても 大海を渡っても 必ず家に帰ることができる術」であった

このトカゲのように必ず家に帰ることができる[易]の術は 精密に緯度(位置)と経度(経度)がキャッチできる天頂緯度測定を日課にして鍛錬すれば修得できた 天の北極の高度で緯度換算する方法は 不精確であったので必ず緯度と経度を見失って道に迷って命を落とし白骨と化して 家に帰れなかった だから 天の北極は”死の羅針盤”であった

漢字は天頂緯度測定を基軸にする易の学芸から起源した いいかえると 漢字は約6000年前 中国と日本列島の天頂を通過した[文]の字源となった「十字の銀河」ととなりの「三つ輪の銀河」から起源した 1000年後の今から約5000年前に[文]の字源となった「十字の銀河」と[字]の字源となった「鬼の姿に似る銀河と北アメリカ星雲・ペリカン星雲」を最も重視した天文地理学が確立され 漢字作成原理「鳥獣の文」が発明されて多数の漢字が作ることができるようになった ゆえに 「漢字」は「文字」と呼ばれることになった 「銀河」は「銀漢」ともいうので「銀漢から作られた字」すなわち「漢字」と呼ばれることになった (この[文]と[字]の字源銀河については 左に表示した幻冬舎ルネッサンスから出版された拙著『邪馬台国説が日本を滅ぼす』の106頁の図34と図36を用いて説明した)

文字は銀河から作られた秘密を明言して暴露する者は 即刻に死刑に処せられた

というのも 銀河から文字が作られた易は 王の強大な権力の基盤・王の莫大な富の基盤・暦を作って豊かな農作物を収穫するための学芸の基盤 科学(医学・天文地理学・数学)と芸術と文化育成の根元となる知性 王の神への崇拝によって人民を王を畏敬(いけい)させて人民の心を掌握(しょうあく)してまとめる方法であったからである この銀河から文字が作られた易の学芸の機密が反体制側の手に入り革命に利用されると 王朝は崩壊する だから王は易を厳重な機密にして独占管理し 文字は銀河から作られた易の秘密を漏らした者は 即刻死刑にした

中国の思想家・老子は 易を王が独占するものではなく万人が知る学芸にすべきであると考え 文字が銀河から作られた秘密を漏らす運動をおこなった このため 役人につかまったならば死刑となるので 老子は「喪家(そうけ)の狗(いぬ)」(宿無し犬)のごとく住所不定の逃亡者となった 

司馬遷著『史記』孔子世家には「孔子が晩年に易を喜び、韋編三絶」と伝える記事がある 『論語』にも「子曰く 我に数年を加(か)し、五十にして以て易を学べば、以て大過なかるべし」という記述がある このように孔子(紀元前552-同479)は「50歳になったから易の〔文字が銀河から作られた秘密〕を漏らして死刑になっても大きな過ちとは言えない」と子弟に告げた 

中国の五経の第一に挙げられる『易経』の〔十翼(じゅうよく)〕は 孔子が死刑になって命を失うことを覚悟して作成したものである この〔十翼〕に繋辞伝(けいじでん)・上下がある

孔子は繋辞下伝で「古者(いにしえ)包犧(ほうぎ)氏の天下に王たるや、仰いでは天象を観、俯しては地法を観、鳥獣の文と地宜(ちぎ)を観、近くはこれに身を取り、遠くはこれに物に取る。ここにおいて始めて八卦を作り、もって神明の徳を通じ、もって万物の情に類して、結縄(けつじょう)を作った」と漢字の起源について記述した この「天象」は「銀河各部の形状」のことである ゆえに 上の記事は今から約6000年前の「三皇時代初頭の包犧氏が天下を手に入れて王となったときに、天頂を通過した銀河各部の形状から最初の漢字の結縄が図案化された」と説明していることになる

しかしながら 上の文に示された孔子の意見には誤りがある 

文中に登場する「鳥獣の文」というのは 約5000年前の五帝時代初頭の黄帝につかえた史官・倉頡(そうきつ)が発明した漢字作成原理の名称である 包犧氏が作った結縄は 「包犧」という氏族名をあらわすことができなかった ゆえに 包犧氏は「包犧」という自らの氏族名をあらわす文字を作成できなかったので 包犧氏の事績(じせき)を知ることができる歴史を後世に伝えることができなかった 1000年後の倉頡が漢字作成原理「鳥獣の文」を発明して 万物の情に類して多数の文字を作れるようにして 倉頡が三皇時代の王となった氏族の名をあらわす「包犧」という氏族名を定めて文字であらわすようにした 

この漢字起源に関する秘密を 『説文解字』の序は「けだし文字は経芸の本、王政の始め、前人のもって後人に垂れるところ、後人のもって古(いにしえ)を識(し)るなり」と記述した 包犧氏がおこなった事績(じせき)を後世の人々が知ることができるようになったのは 倉頡が「鳥獣の文」を発明したからである ゆえに 包犧氏は漢字の始祖にはなれず 倉頡が”漢字の始祖”として崇拝された

孔子の漢字起源説明する意見や漢字が銀河から作られた学芸知識には幾つかの誤りがあった これが幸いして 独占管理する王朝では孔子の意見は漢字が銀河から作られた易(学術)の秘密を隠す手助けをするものと解され また孔子を死刑にしたならばむしろ真実が明らかになって洩れると警戒されることになったので 孔子は死刑からまぬがれたのである

倉頡は包犧氏が作った結縄に代えて 書契(しょけい)を作った

孔子が記した『易経』繋辞下伝の漢字起源説明記事は「黄帝につかえた史官・倉頡が、仰いでは天象を観、俯しては地法を観、鳥獣の文と地宜を観る。(中略)。もって万物の情に類して書契を作った」と改めれば正しくなる

孔子は老子に 易の教えを受けた にもかかわらず 孔子は漢字起源の史実はじめ漢字の起源や字源について誤まる幾つかの見解を『易経』繋辞下伝に記した 孔子は50歳から漢字が銀河から作られた易を研究したため 老子ほど精通していなかった これゆえ 老子の学説(易)は主として儒教・孔子の誤った学説の反論・批判となった 老子が教えを書く『老子』上篇(道経)の第3章はじめ幾つかの章で 老子は孔子に反論し批判している

ふつう 孔子が老子に教えを受け 年上であったとも伝えられ また老子は孔子より百年ほど後の人ともいわれる ということは 初代・老子から代々幾人かの老子がいたことになり 『老子』上編(道経)37章と下篇(徳経)44章 計81章のうち上篇(道経)37の章は「文字は銀河から作られた」という学術(易)と孔子への反論・批判を説くものであったことになる 

つまり いわゆる”老子”は約百年間受け継がれた「文字は銀河から作られた」学術の復興運動であったのである   

このような漢字の起源の秘密や老子・孔子の易に対する研究の相違の全貌は わが国の静岡県浜松市北区細江町の1千万坪の大鳥の地上絵 私が「建比良鳥(たけひらとり)の地宜(ちぎ)」と名づけた史跡を調査すれば 手に取るように明確に科学的につきとめることができる 

というのも 我が国には今から約4000年前の縄文後期初頭(夏代初頭) 三皇時代の結縄と五帝時代の書契(わが国では刻木=こくぼく と称した)と夏代初頭の夏音(かおん)文字が伝来し そして『魏志倭人伝』に「卑弥呼」はじめ34小国名などで夏音文字に記載され 建比良鳥の地宜は『魏志倭人伝』と同時代に作成されたからである

建比良鳥の地宜を調査すれば 漢字の起源のと夏音文字の全貌が科学的に解明できるだけでなく 古代エジプトの聖刻文字(ヒエログリフ) ABC・アルファベットのルーツとされるワディ・エル・ホル文字 原シナイ文字 フェニキア文字などが銀河から作られた秘密も解明できる (私はインターネット掲示板「ワディ・エル・ホル文字」で、すべてのワディ・エル・ホル文字が銀河各部の形状から図案化されたことを証明した。この証明は建比良鳥の地宜を調査した成果である。)  

|

« イースター島のモアイ像は銀河から作られた 世界の古代文字は【銀河】から作られた❹ | トップページ | 昨夜のNHKテレビの「卑弥呼と邪馬台国の謎」は日本国を消滅させる大罪である・1 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

卑弥呼」カテゴリの記事

邪馬台国」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

アルファベットの起源」カテゴリの記事

漢字の起源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孔子は「文字は銀河から作られた」と後世に伝えた 世界の古代文字は【銀河】から作られた❺:

« イースター島のモアイ像は銀河から作られた 世界の古代文字は【銀河】から作られた❹ | トップページ | 昨夜のNHKテレビの「卑弥呼と邪馬台国の謎」は日本国を消滅させる大罪である・1 »