« 真実の日本国誕生史・10 | トップページ | 真実の日本国誕生史・11 »

2017年7月 9日 (日)

“皇室をつぶそうぜ”と楽しんでハシャぐ番組をNHKテレビは垂れ流したよ!

  おどろいた! おどろいた!
 
 オイラ最初の放送には気がつかなかったけれど……
 
 201774日の正午12時から再放送したNHKテレビ2チャンネルの「知恵泉 邪馬台国の謎を楽しもう・前篇」は 真実の神さま 真理の神さま 女神さま あなたならば知っていますよネ 
 この番組は“皇室をぶっつぶすという話題を 楽しもうぜ”と言っているも同然のドエライ・ぶったまげた 学識ある人々が真っ先に考える【科学】を徹底的に排除し また学識ある人々が常に有する倫命(りんめい/人間として実行すべき使命)と「事実を語る」のその事実の一片も持ちあわせていない すべて丸っきりウソで固めた作り話をもって 日本人の尊厳をゴミ屑のごとくあつかって徹底的に日本人を虚仮(こけ)にして愚弄(ぐろう)する―― 作り手のNHKテレビスタッフとこの番組に参加した学者と作家が楽しむハシャぐ虚偽報道(フェイクニュース)だったですよネ
 
 真実の神さま 真理の神さま 女神さま あなたならば知っていますよネ 201774日の正午から再放送したNHKテレビの「知恵泉 邪馬台国の謎を楽しもう・前篇」は “一日に必ず千人ずつ、日本人をぶっ殺そう!”と言っていた同然のフェイクニュースであったことについて あなた方は 知っていますよネ

◆“いざ子ども 早く日本へ 大伴の 三津の浜松 待ち恋ひぬれらむ”と“銀(しろがね)も 黄金(くがね)も玉も 何せむに 優れる宝 子にしかめやも”という二首の和歌を詠んだ山上憶良さま 『古事記』上巻のオノゴロ島聖婚説話に日本国誕生史が記述されたこと また約2000字の構成される『魏志』倭人伝には誤字が2字,あるいは3字はあるけれども虚偽を書いた記事は1ヵ所も存在せず []を基軸にして全部が全部事実を書く記事で構成され 卑弥呼が居住した王国の名は「邪馬台国」ではなくて「邪馬壱(やまい)国」である事実を知っている万葉歌人の山上憶良さまは知っていますよネ NHKテレビのフェイクニュース「知恵泉 邪馬台国の謎を楽しもう・前篇」は その実体が“皇室をつぶそうぜ エーイ”また“一日に必ず千人ずつ 日本人を絞首刑にしようぜ ”と気勢を挙げてハシャいで楽しんだ低俗番組であったことを知っていますよネ

◆『魏志』倭人伝は「倭の卜占に用いられる辞(文字とことば)は令亀(れいき)の法つまり殷代の亀の甲羅に刻んだ甲骨文字に相似する夏代(かだい)初頭の夏音(かおん)文字が 中国からわが国に伝来して習得された」と証言し また「魏の都・帯方郡・諸韓国が用いる楷書とは異なる卑弥呼が用いる夏音文字は 倭国の伊都国の港では点検し確認して正しく変換することができた」と証言する記事が存在するにもかかわらず 学者たちはこの件について皆が皆一様に一言も発せず口を「へ」の字に噤(つぐ)んで共謀して わが国に伝来した夏音文字は“存在してはならぬ”と一刀両断に抹殺(まっさつ)するが――「卑弥呼(ひみこ)」という3字音は紛(まぎ)れもなく夏音文字の字音であり また壱与(いよ)はじめとする人名・小国名・官職名には紀元前2070年~同2050年頃にわが国で習得された夏音文字が用いられて現存する事実が示され そして夏音文字は銀河各部の形状を字源・字形・字義とする原初漢字であり 「銀河」の別名は「銀漢」であり 「銀漢各部の形状から作られた文字」を略して「漢字」と呼ばれることになった――だから【卑弥呼が用いた夏音文字と魏都・帯方郡・諸韓国が用いた楷書は共に銀漢(銀河)の各部の形状が字源・字形・字義であった】から【漢字】と名づけられた この事実を この真実を 真実の神さま 真理の神さま 女神さま 知っていますよネ

 8歳から14歳まで今川義元の軍師・大原雪斎(たいげんせっさい)に 『古事記』上巻と『魏志』倭人伝に記述された 銀河各部の形状から作られた夏音文字の学芸を教育されて 『古事記』上巻のオノゴロ島聖婚説話に記述された“【日本建国の〔愛〕の理念】の復興に一生をささげる”という夢を抱き その夢に向かって全情熱をかたむけた徳川家康さまならば知っていますよネ 
 NHKテレビ「知恵泉 邪馬台国の謎を楽しもう・前篇」は“皇室をぶっつぶそうぜ”“日本人よ ぐずぐず生きているじゃネー さっさとおっ死んじまエ”と言ってはいませんでしたが でも実体はそういう番組であった事実を 天国にいらっしゃる家康さまは ご存知ですよネ――天国であなたも忙しいでしょうが あなたが抱いた夢を追えば NHKの番組は“皇室をぶっこわそう”と“日本人の尊厳なんて廃棄処分してもいいんだ 早くクタバレ 面倒だから絞殺してやろうか”と言っているのと同じことになる事実に彼らが気づくように ちょっとばかり時間をさいて彼らの脳天を撫で撫でするかスイカでもたたいている気分になってコツコツと小突いてみてくださいヨ

◆『老子』第1章は末部で「玄のまた玄 衆妙(しゅうみょう)の門」と述べているが この[]について NHKテレビの「知恵泉 邪馬台国の謎を楽しもう・前篇」は全然まったく注目しないが この[]を基軸して『魏志』倭人伝を考えた途端(とたん) 全記事は“パッ”と黄金色(こがねいろ)に輝いて【科学】と【史実】が成立する仕組みになっている
 だからこの仕組みに気づかなかったゆえ 白石以後 学者たちは〔誤読の空論〕に魂を奪われ その呪縛(じゅばく)から逃れることができなかったのである

 この[]は 地球上に現れた人類が滅亡しなかった原因の一つであり したがって何万年前の原始以来人類の生活(くらし)と密接に関わり []は原始以来世界上にもちろん日本列島にも存在した いわゆる【科学】における基本中の基本となる【基本科学】であった

 『魏志』倭人伝の全記事における【科学】と【史実】を“あっ”という間に成立させる この[]を視座にすると 1725年に死去した新井白石以来今日まで約300年間も 学者たちは徒党を組んで〔誤読〕を学問に仕立てようと共謀して素直の日本人をなんとか欺(あざむ)いて洗脳しようとしてきた悪知恵がいとも簡単に明々白々となり 学者たちが主張する邪馬台国論は〔誤読〕に〔文献批判〕というシャレた名前をつけて善良な日本人を騙(だま)してデッチあげた“あかんべぇー”と長い舌を出す大ウソであり 非科学きわまりない荒唐無稽(こうとうむけい)のデタラメであることが事実であることを 真実の神さま 真理の神さま 女神さま あなたたちはちゃんと知っていますよネ

◆真実の神さま 真理の神さま 女神さま 白石以来のわが国の古代史学の学者たちは こぞって熱烈な“誤読大明神”信仰者たちであることを知っていますよネ 天国にご住まいの山上憶良さま また徳川家康さま あなたがたもまた御存知ですよネ お見とうしですよネ 
 NHKテレビの「知恵泉 邪馬台国の謎を楽しもう・前篇」は“皇室をつぶそう”“一日に千人ずつ 日本人を絞首刑にしよう”なんては確かに言っていませんでしたが その実体はそう言って楽しみハシャいだ低俗なフェイクニュースであったことを知っていますよネ 真実の神さま 真理の神さま 女神さま
 神さま 神さま「知恵泉 邪馬台国の謎を楽しもう・前篇」という番組作ったNHKテレビのスタッフとこの番組に参加した学者たちと作家は“皇室をつぶそう”“早く死ね この日本人メ”とは確かに言ってはいませんでしたが――でもしかし、“皇室をつぶそう”“早く死ね 日本人メが”と浮かれさわいで楽しむ番組であったことは事実であり こんな特権をいつお許しにしたのですか 神さま 神さま それはあまりにもヒドイじゃありませんか
 神さま 神さま“皇室をつぶそうぜ”“日本人を、千人ずつ絞首刑にするゾ”と言っているも同然のごとくハシャいで喜ぶ虚偽報道番組を作ったNHKテレビスタッフと学者たちと作家に なんでこんなにヒドイ特権を与えたのですか! 神さま 仏さま 真実の神さま 真理の神さま 女神さま あまりにもヒドイじゃありませんか!

◆以上、約300年も続けて古代史学者たちが〔誤読〕を自由自在にあやつって捏造(ねつぞう)した虚妄(きょもう)の数々をシラミつぶしにして明白にすると「日本が滅びる」と題したわがブログは1167回となり 
 白石以後の学者たちが一斉に〔誤読〕を用いて抹殺したわが国における夏音文字の秘密は人類共通の重大な研究課題であることを説得するため作った「古代エジプト文字の字源」という わがブログは127回となり
 前述したわがブログ「日本が滅びる」シリーズを要約すると「日本国誕生史の復興」という147回のブログが生まれ 
 そしてオイラが「真実の日本国誕生史」と題するブログの作成を決意した その時――
 白石から今日までの学者たちが〔誤読〕を用いてデッチあげた“皇室をつぶそう”あるいは“日本人メ さっとくたばれ!”と主張することになるウソ八百のデタラメは 徳川家康が抱いた夢を将軍秀忠と徳川幕府が形にして残した桂離宮庭園の平面図を注目すればいとも簡単に明白となることに気づかせてくださった 真実の神さま 真理の神さま 女神さま ありがとう ありがとう ありがとう 

|

« 真実の日本国誕生史・10 | トップページ | 真実の日本国誕生史・11 »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

卑弥呼」カテゴリの記事

邪馬台国」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

漢字の起源」カテゴリの記事

ヒエログリフ(聖刻文字)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真実の日本国誕生史・10 | トップページ | 真実の日本国誕生史・11 »