« フェイク&まぼろし邪馬台国・7 | トップページ | フェイク&まぼろしの邪馬台国・9 »

2020年12月19日 (土)

フェイク&まぼろしの邪馬台国・8

▼NHKテレビの歴史秘話ヒストリはじめ朝日新聞が「いちばん正しい」と太鼓判をおして推奨する吉野ケ里遺跡邪馬台国説と纏向遺跡邪馬台国説の二つの意見は、日本学問史上における最大に悪質な空理空論である
 というのも、邪馬台国説を立論する文献史料『魏志倭人伝』は約2000字で構成されるが、そのうちの約55パーセント・約1100字の記事は【今から約5000年前に生存した倉頡(そうきつ)が発明した漢字作成原理・作成方法と、今から約4000年前の後期縄文時代初頭にわが国が習得した夏音文字の学識】について説明しているからである。
 だから、吉野ケ里遺跡邪馬台国説と纏向遺跡邪馬台国説の両説の実体は【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識】を抹殺・無視して捏造(ねつぞう)した、『魏志倭人伝』の記事とまったく無関係な、正当な理由・根拠がゼロの完全なる空理空論である!

★「倭人国の地理学」のトリセツ・4

◆このブログの3回で解説した内容を要約すると――(1)『魏志倭人伝』冒頭の11字の「倭人は、帯方の東南、大海の中に在り」という文と、(2)『古事記』上巻の序(古事記上巻 幷せて序)冒頭の34字の「臣安万侶言(しんやすまろまを)す。それ混元(こんげん)(すで)に凝()りて、気象いまだ効(あらは)れず。名も無く為(わざ)も無し。誰(たれ)かその形を知らむ。しかれども乾坤(けんこん)初めて分かれて、参神造化(さんしんぞうか)の首(はじめ)をなす」という、この二つの文は共に「わが国は紀元前2070年頃~紀元前2050年頃の後期縄文時代初頭、中国から“夏の始祖”禹()帝の後を継いだ益(えき)帝の孫・王子と若者たちが日本列島に定住して夏音(かおん)文字を普及(ふきゅう)させた。この夏音文字を習得した時、紀元前3000年頃の五帝時代初頭の黄帝につかえた史官・倉頡(そうきつ)が発明した【漢字作成原理と作成方法】をも取得した」と説明するものであった。

◆ゆえに、前々回(6)と前回(7)のブログで解説したように――『隋書』倭国伝に下記に示した「文字無し」という文から始まる記事に登場する「唯(ただ)刻木(こくぼく)結縄(けつじょう)のみ」という文は、「夏音文字を習得したときに、五帝時代に用いられた原初漢字の刻木(中国では「書契」と称した)と紀元前4000年頃から始まる三皇時代の易卜(うらない)に用いた記号の結縄をも習得した。ゆえに、現在(7世紀初頭の推古天皇時代)、わが国には三皇時代の結縄と五帝時代の刻木と夏代(かだい)初頭の夏音文字が保存されていた」と、遣隋使は隋王朝に説明していたことになる。
 遣隋使が「わが国に、三皇時代の易卜に用いる記号の結縄と五帝時代の原初漢字・刻木と夏代初頭の原初漢字・夏音文字」と説明した『隋書』倭国伝の記事は次のごとくである。
 「文字無し。ただ刻木(こくぼく)・結縄(けつじょう)のみ。百済(くだら)において仏経を求得(きゅうとく)し、始めて文字有り。卜筮(ぼくぜい)を知り、尤(もっと)も巫覡(ふげき)を信ず」
 前回(7)のブログにて現代語に訳したとおり、上記の文は末尾の「尤も巫覡を信ず」という文から前へ前へと解釈すると、次のごとく内容が明瞭となる。
 「倭国では、巫女(みこ)と覡(げき/神官)が成し遂げた業績は尤(もっと)も当然至極(とうぜんしごく)最大・最高に偉大なる功績であるとたたえられた。ゆえに、世間は巫覡を摂政の聖徳太子よりも最も信頼して尊重した。巫覡たちは中国の卜筮(うらない)を知ろうとして、朝鮮半島の百済から輸入(求得)した仏経(仏教の経典)の解読に挑戦して成功した。この仏経には、隋で開発された最新の漢字である楷書はじめ、隋代以前の中国で作られた画数が多くて至極(しごく)難しい楷書が数珠(じゅず)ならびに続く。ゆえに、仏経に用いられる楷書解読作業は最高難度の事業であった。しかし、倭国では紀元前2070年頃~紀元前2050年頃の後期縄文時代初頭において夏音(かおん)文字を習得した時に、紀元前3000年頃の五帝時代初頭の黄帝時代に生存した“漢字の始祖”と崇拝された倉頡(そうきつ)が考案した刻木(中国では「書契」と称する)と紀元前4000年頃に出現した卜筮()に用いる記号であった結縄をも習得した。夏音文字が伝来した後期縄文時代初頭以来、卜筮を専門職とした巫女と覡たちは【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法・刻木と夏音文字の学識】に精通していた。隋における最新の楷書はじめ中国で作られたすべての漢字は【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法・刻木と夏音文字の学識】に則(のっと)って作られたゆえ、この学識に精通する巫女と覡は【仏経に用いられた楷書の解読という偉業】を成し遂げることができた。ゆえに、倭国には隋で作られた最新の文字(楷書)は無かったが、巫覡の偉業によって隋の文字(楷書)をいちはやく習得した。だから、倭国には隋で作られた最新の楷書が存在することになった。」

▼『魏志倭人伝』の人名・小国名・官職名には夏音文字が用いられ、「卑弥呼」の3字を「ヒミコ」と読むと夏音文字の字音となる。
 「卑弥呼」を「ピミカ」と読むと、中国に現存する最古の漢字音「上古音」の字音となる。中国の上古音は紀元前1040年頃の周代初頭~後漢後期(2世紀頃)までの漢字音である。
 ゆえに、『魏志倭人伝』に記載される夏音文字は中国で現存する最古(周代初頭)の上古音よりも約1000年前の漢字音である。したがって、わが国に残っている夏音文字の字音が現存する最古の漢字音となる。
 わが国の古代中国文字研究の第一人者とされる白川静博士が著作した『字統』(平凡社発行)9ページの終わりから3行目~10ページの初めから3行目で、「わが国の漢字音」と題して、下記のごとく指摘する。
 「古紐(こちゅう)や古韻(こいん)の研究は、西洋の言語学・音韻学がとり入れられ、殊にその音韻史研究によって得られた諸法則が、原理的にはほぼ適用しうるという関係もあって、カールグレンがその方法を開いてから、急速な進展をみせている。そしてその結果、わが国の国語として残っている字音が、いま残されているもののなかで、最も古い時期のものであることが明らかとなった。」
 現在、「わが国に最初に漢字が伝来したのは5世紀あるいは6世紀である」という意見が定説となる。しかし、この定説だと――わが国に現存する最古の漢字音は、中国の現存する上古音のおける終末期・2世紀頃の後漢後期よりも新しい漢字音となる。だから、学者たちが主張する定説は、【科学】が成立せず明らかに虚妄(きょもう)である。
 しかし、『魏志倭人伝』冒頭の11字と『古事記』上巻の序(古事記上巻 幷せて序)冒頭の34字、そして前記した『隋書』倭国伝の「文字無し」から「尤も巫覡を信ず」までの記事が伝えるわが国が習得した原初漢字・夏音文字の字音は――上記した白川静著『字統』が指摘しているとおり、中国の最古の漢字音より約1000年前の漢字音ということになり、【科学】が成立して事実となる。
 その証拠に――『古事記』上巻の随所に〔音〕という注が付いて、多数の夏音文字が記載されているゆえ、実際に夏音文字は存在する。
 だから、学者たちが「わが国が最初に漢字を習得したのは5世紀あるいは6世紀である」と主張する定説は【科学】が成立しない完全なるデタラメであった。

◆『隋書』倭国伝にも、「阿毎(アメ)」、「多利思比孤(タリシヒコ)」、「阿輩鶏弥(オホキミ?)」、「利歌弥多弗利(ワカミトホリ?)」などの夏音文字が記載されている。
 したがって、前記した『隋書』倭国伝の「文字無し」から「尤も巫覡を信ず」までの文中における最初の「文字無し。唯刻木・結縄のみ」という文は「隋で用いられた最新の漢字である楷書は無い。しかし、五帝時代の刻木と三皇時代の結縄ならば有る」と解釈しなければならない。
 【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識】は、朝廷が強大な権勢を維持するための不可欠な学識であった。したがって、わが国において国家と王朝が充実して次第に成長すると、【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識】を反体制側が習得して革命に利用されて朝廷が滅亡しないように用心されることになったゆえ、【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識】に精通する巫女と覡は国家体制に組み入られるようになった。だから、【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識】は国家と朝廷が独占管理して厳重に機密が保持された。
 このような事情があったゆえ、32代崇峻(すしゅん)天皇・33代推古(すい)天皇王朝にあっては、【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学芸】に精通した巫覡たちは、当然、朝廷に擁護されていたことになる。
 594(推古天皇2)、推古天皇は聖徳太子と蘇我馬子に、積極的な仏教崇拝政策をおこなうように詔(しょう)した。この崇仏(すうぶつ)政策を推進するにあたって、摂政の聖徳太子は隋の崇仏政策を取り入れて最新漢字・楷書による学問を普及(ふきゅう)するためには、文字として未発達な【原初漢字の銀河文字】つまり【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字】に精通した巫女と覡たちはもはや必要ではないと考えた。だから、太子は、国家と朝廷が巫女と覡を擁護する制度を廃止しようとした。
 それゆえ、太子に排除された巫覡たちは大臣の蘇我馬子に擁護を頼った。巫覡たちは太子に一矢(いっし)を報いるため、仏教の経典に用いられる隋の最新漢字・楷書を解読した。
 多分、太子は仏経に用いられた隋の最新の楷書は、【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識】を有する皇族と貴族たちにでも解読できると予想していたにちがいない。しかし、仏経に用いられる楷書の解読は【銀河文字の学識】を有する皇族や貴族たちには成し遂げられない難事業であった。このため、蘇我大臣家に擁護される巫覡による仏経に用いられる最新漢字の楷書の解読は、皇族と貴族たちと世間が絶賛する偉業となった。
 太子の巫覡を排除する方針は一気に朝廷の権勢を弱体化させ、巫覡を擁護した蘇我大臣家は思いがけない幸運にめぐまれて権勢が盛んとなり朝廷を脅かすことになった。
 皇族と貴族はじめ世間(世論)は蘇我家が朝廷を見下して横暴になった状況を嘆き、この原因を作った太子を虚仮(こけ)・馬鹿にして、「太子は無能だ! 大王(天皇)になる資格が無い」と切り捨てたのである。
 その証拠に、「天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)」の銘文に、聖徳太子は妃の橘太郎女(たちばなのおおいらつめ)に「世間は虚仮にして、唯仏のみ真なり」と語ったと記されている。「虚仮」という仏教語には「馬鹿にする」という意味がなく、「虚仮」は「虚妄・偽り」を意味したゆえ、太子は「世間のわれに対する批評は虚妄・ウソだ。ただ仏のみが真実なり。われが正しい!」と言ったつもりであろうが――世間は太子を「虚仮・馬鹿!」と太子を痛烈(つうれつ)に酷評したのである。

◆聖徳太子は仏教に夢中にならずに従来の【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識】の重大性に気づいて、旧来とおりに朝廷は巫覡たちを擁護すると明示して崇仏政策を推進すれば、世間に虚仮(こけ)にされず、巫覡による仏教の経典に用いられた最新漢字・隋の楷書の解読事業も太子の手柄となって世間に尤も信頼されることになり、蘇我大臣家の権勢も盛んにならなかった。だから、世間は「なにゆえ、巫覡たちを排除する必要があるのか? 太子の発想は朝廷の権勢を衰退させるのに決まっているのに、この道理を太子が理解していないのはまったく解せない」と世間は太子の巫覡排除の方針をあきれかえったことになる。
 聖徳太子の巫覡排除の失政はその後に大きな影響を及ぼし、33代推古天皇の後を継いだ34代舒明(じょめい)天皇から35代皇極(こうぎょく)天皇の時代(629年から6456月まで)は、皇室よりも権勢が盛んになった蘇我大臣家に見下されて皇室は滅亡の危機に陥った。
 さらに、太子の巫覡排除の失政は【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識】を重視して大和朝廷の基礎を築いた天照大神を皇統の聖性を表象する至上神・皇祖に定めた律令体制を確立させることになり、この律令体制の強大な権力を重視する政治体制に歯向かい逆らって【〔愛〕を国家理念とした小国・日本の誕生史】を後世に伝える『古事記』・『日本書紀』・『万葉集』が編纂されることになった。
 これらの歴史の経緯からして、『隋書』倭国伝の「文字無し」から「尤も巫覡を信ず」までの記事は、【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識】に精通する巫覡たちを聖徳太子が排除した失政を説明するものであったのである。
 だから、学者たちが主張する「わが国が最初に漢字を習得したのは5世紀あるいは6世紀である」という定説は、「わが国は【倉頡が発明した漢字作成原理・作成方法と夏音文字の学識を習得した】と証言する諸文献の記事を誤読してデッチあげた空理空論であったことになる。

|

« フェイク&まぼろし邪馬台国・7 | トップページ | フェイク&まぼろしの邪馬台国・9 »

卑弥呼」カテゴリの記事

邪馬台国」カテゴリの記事

漢字の起源」カテゴリの記事

日本国誕生史の証明」カテゴリの記事

大嘗祭の証明」カテゴリの記事

まぼろしの邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェイク&まぼろし邪馬台国・7 | トップページ | フェイク&まぼろしの邪馬台国・9 »