« 邪馬台国説はサギ・騙されるな・3 | トップページ | 邪馬台国説はサギ・騙されるな・5 »

2021年1月28日 (木)

邪馬台国説はサギ・騙されるな・4

 

▼2021年1月元日の午後7時~9時までの2時間、NHKBSプレミアムテレビ・3チャンネルは「邪馬台国サミット」と題する番組を放送した。朝日新聞のテレビ欄は、「邪馬台国サミット」の番組の概要を「対決! 九州説VS近畿説 第一線の研究者たちが一堂に会して大激論! 魏志倭人伝のウソを読み解く」と紹介した。この「魏志倭人伝のウソを読み解く」という文句に「ナヌ?」と思わずビックリして、私は「邪馬台国サミット」と題する番組を視聴することにした。というのも、私は280年~289年に著作された『魏志倭人伝』と同時代の260年頃~290年頃までの約30年間を費やして、『魏志倭人伝』に記述された倭人国に一員である小国・不呼(ふこ)国に作製された「1千万坪の大鳥の地上絵」を発見していたからである。この「1千万坪の大鳥の地上絵」を注目すると、「魏志倭人伝の全記事は客観的に相対的に【科学】が成立して真実・事実を伝えていること」が明らかとなる。この3世紀後半に作製された遺跡は旧国の遠江、今日の静岡県浜松市北区細江(ほそえ)町の行政区域を表示する地図の形となって現在まで失われずに残った。この「1千万坪の大鳥の地上絵」によって――「邪馬台国サミット」で語った先生方全員の意見は『魏志倭人伝』の全記事と1ヵ所も合致しない・まったく無関係の空理空論・口から出まかせの戯言(ざれごと)であった事実――が証明される。だから、この「細江町・1千万坪の大鳥の地上絵」は「キリスト教でいう、神意・真理を神が人に示す黙示録(もくしろく)」と譬(たと)えるべき遺跡であるゆえ、ウソ八百・空理空論の九州説と畿内説によって日本国がぶっ壊されないために、また日本文化をささえる神聖な学問にウソ・デマ・サギの九州説と畿内説が仲間入りするような不条理・不正の状況をキリストさまはじめ神さまも仏さまも絶対に見逃してはいけないと私に命令するにちがいないので、「1千万坪の大鳥の地上絵」に棲(す)む地霊を呼び興して九州説と畿内説がフェイク、詐欺(サギ)である実態を暴露することにした

★「倭人国の地理学」のトリセツ・13

◆わがブログ「フェイク&まぼろしの邪馬台国・3回」で詳細に解説したよう――約2000字で構成される『魏志倭人伝』は約55パーセント・約1100字の記事をもって「紀元前2070年頃~紀元前2050年頃の後期縄文時代初頭、中国から日本列島に伝来した【夏音文字】を習得した時、【紀元前3000年頃の五帝時代初頭に生存した黄帝に仕えた倉頡(そうきつ)が発明した漢字作成理論】をも習得した」と説明していることになる。
 だから、『魏志倭人伝』の全記事を信用して、1ヵ所も【誤読、歪曲、主観的推論(口から出まかせの戯言)】に加えなければ――『魏志倭人伝』は明白に「卑弥呼王朝の政治基盤は【倉頡が発明した漢字作成理論と夏音文字の学芸】であったと伝える歴史書」であったことになる。
 にもかかわらず、「邪馬台国サミット」に一堂を会した九州説と畿内説の第一線の先生方は自分の説に都合がよいナンセンスな戯言(ざれごと)を口々に述べていた。

◆「銀河」の別称は「銀漢」であり、「銀漢から作られた字」を省略して、中国でもわが国でも「漢字」と呼んだ。
 倉頡は天文学において通称「夏の銀河」と呼ばれる「夏の星座が漬()かる銀河」から漢字を作る方法を発明した。倉頡が仕える黄帝は東洋最古の医学書『内径』を作ったと伝わる。黄帝の主なる研究は【女性の生殖器と子どもの出産】であった。このため、倉頡は「夏の銀河(漢字作成銀河)から黄帝の【女性の生殖器と子どもの出産】の医学研究をあらわす文字」を発明した。
 「夏の銀河の写真」はわがブログ「邪馬台国説はサギ・騙されるな・2回」に載せた。ゆえに、今回のブログでは省略させていただく。
 わがブログ「邪馬台国説はサギ・騙されるな・2回」にて指摘したように――倉頡はみずからが発明した漢字の学芸は強大な権力・莫大な富・最高の名声を手に入れる方法であることに気づき、この学芸知識を反体制側の人々が習得すると王朝が容易に崩壊・滅亡すると心配して、【1】「文字は夏の銀河各部の形状から作られた」という事実を暴露した者とその一族全員に神罰を下して即刻に死刑にする」という掟(法律)を定めた。
 また、倉頡は【2】「多くの文字を容易に覚えるため、夏の銀河の各部に名称を付けた者とその一族全員も神罰が下って即刻に死刑にする」という掟を定めた。
 このため、今日にあっても【夏の銀河各部の名称】は存在しない。夏の銀河の各部の名称が無いと、『魏志倭人伝』の主なる記事は【倉頡が発明した漢字作成理論と夏音文字の学芸】を説明するものであった――この事実の解説と証明が非常に困難となる。ゆえに、私はわがブログ「邪馬台国説はサギ・騙されるな・2回」に「夏の銀河(文字作成銀河)各部の名称」を定めて図示した。これゆえ、この回では「夏の銀河(文字作成銀河)各部の名称の説明図」は省略しますゆえ、「邪馬台国説はサギ・騙されるな・2回」を参照していただきたい。

また、倉頡は【3】「書いた文字が用済みになったならば、文字を消さない者また消し忘れた者も許さず、その者の一族全員まで死刑にする」と定めた。
 だから、五帝時代の原初漢字の書契(しょけい)、夏代(かだい)の夏音文字、殷代(いんだん)前半の原初漢字は、【3】の掟を厳重にまもったため、これらの原初漢字を書いた資料はいまだ一点も発見・出土しないことになった。〔注 実際は数点も発見・出土しているが、学者たちがこれらの資料を「文字」と認めないゆえ、いまだ一点も発見・出土しないことになっている〕。
 紀元前1300年頃から始まる殷代後半に出現した亀の甲羅に刻んだ契文(けいぶん)=甲骨文字は文字数が多数となったが原因で、【3】の掟を毎度まもるのは非常に面倒になったために破られた。ゆえに、甲骨文字以後の周代の金文・その後の大篆(だいてん)や小篆(しょうてん)や隷書(れいしょ)や楷書(かいしょ)は【3】の掟を破っても良いことになった。
 卑弥呼が最初に歴史上に登場したのは180年頃であった。当時は後漢時代末で原始的楷書が用いられていたゆえ、倭人国が有した五帝時代の原初漢字・書契(わが国では「刻木」といった)と夏代(かだい)の原初漢字・夏音文字は楷書で表記されることになった。
 甲骨文字が用いられた殷代後半以後、【倉頡が発明した漢字作成理論】は国家と王朝が独占管理して厳重に機密を保持し、また同様に倉頡が定めた【1】と【2】の掟は国家と王朝によって厳重に守られた。だから、『魏志倭人伝』が「卑弥呼が文書に用いる漢字と魏の都と帯方郡・諸韓国が文書に用いる漢字は相違していた」と明記するにもかかわらず、九州説と畿内説をとなえる先生方は「わが国(倭人国)には原初漢字が存在した」という記事を徹底的に無視して、そんな記事が『魏志倭人伝』に存在することを厳重な機密にして口を「ぎゅー」かたく閉じて一言もしゃべらない。その証拠に、学者の方々は一人も「魏志倭人伝には『倭人国には原初漢字があった』と説明する記事が2ヵ所も存在する」と指摘したことが無いゆえ――日本全国民はじめメディアも『魏志倭人伝』に「わが国には原初漢字があった」と明確に指摘する記事が2ヵ所ある事実を知らない。
 しかし、『魏志倭人伝』には「倭人国には原初漢字が存在した」と説明する記事が2ヵ所も存在する。
 現代の学者たちは『魏志倭人伝』に記述された「卑弥呼が文書に用いていた文字」は「銀漢から作られた字」を略して「漢字」と呼ばれる類(たぐい)ではないかと、誰一人も想像しない。ところが、約2000字で構成される『魏志倭人伝』は約1100字・約55パーセントの記事をもって【約5000年前に生存した倉頡が発明した漢字作成理論と夏音文字の学芸】について説明していたのである。
 このような経緯と事情によって――新井白石(16571725)以来約300年間、学者の方々は「『魏志倭人伝』は【倉頡が発明した漢字作成理論と夏音文字の学芸】を伝える書物である」、そんな非常識なことは絶対にありえないと決定してしまった次第である。

◆「邪馬台国説はサギ・騙されるな・2回」で解説したように、「歳差(さいさ)」という天文現象を利用すると、黄帝と倉頡が生存した紀元前3000年頃の五帝時代初頭のおける中国全土の天頂にめぐってきた銀河を算出して知ることができる。
 五帝時代初頭、下に示すように――私が「十字の銀河」と「鬼の横顔に似る銀河」と名づけた銀河が中国全土の天頂にめぐってきた。
S55
 上の「五帝時代初頭の黄帝時代の緯度線図」の右下にある「鬼の横顔に似る銀河」の「横顔」には、下の図で拡大したように――目の形に似る銀河部が二つ、「鬼の横顔に似る銀河の後頭部とアゴ」にも目の形に似る銀河部が二つあるゆえ、合計「目の形に似る銀河部」は4ヵ所存在する。これゆえ、「倉頡が漢字を発明した」と伝える倉頡伝説は「倉頡は四つ目の怪人であった」と表現した。この「四つ目の怪人・倉頡」という伝承について、現代の学者たちは「人間には目は四つ無い! 倉頡伝説は荒唐無稽(こうとうむけい)のデタラメだ」と断定する。[][][][]4字の字源銀河・字形銀河・字義銀河は「四つ目の、鬼の横顔に似る銀河」であった。だから、倉頡伝説は「倉頡」を「四つ目の怪人・倉頡」と伝えた。したがって、倉頡伝説に登場する「四つ目の怪人・倉頡」は「漢字は夏の銀河から作られた」と伝えていたことになる。」
00009
◆倉頡が漢字を発明する目的は、黄帝がおこなった「女性生殖器と子どもの出産」の医学研究をあらわすことができる文字を考案することであった。
 下の図に示すように、黄帝時代の中国全土の天頂にめぐってきて、地上の人々が精確に緯度を測定できる羅針盤となって最も大事な命をまもった「十字の銀河」、その西側半分に「乳房」「妊婦の腹部」「右足」に観える部分があり、また「子宮に相当する箇所」がある。
S56_20210128101401  
 だから、倉頡は「十字の銀河」を「夏の銀河の各部から作られた全文字を生む母体」と定めた。また「十字の銀河の子宮」を「夏の銀河の各部から作られた全文字が生まれる子宮」と定めた。
 倉頡は「十字の銀河」を[]の字源・字形・字義をあらわすと定めた。ゆえに、下の上図に示す[]の金文形は「十字の銀河」を「子宮に胎児が宿る妊婦の正面形」に図案した。
000010 
 倉頡は「十字の銀河」を「遠くの地平線かなたに生息する食料・防寒具(皮衣)となるジャコウウシを狩猟した男たちが帰還する、子どもたちが待つ家」に見立てた。ゆえに、上の下図に示した[]の金文形は上部を「十字の銀河」を「家族が生活する家」をあらわす[(べん)]の形に図案し、[]の下に「鬼の姿に似る銀河」を字源・字形・字義とする「家で育つ子ども」をあらわす[]が加わって構成されることになった。
 上に示した[][]の字源解説図は【黄帝の医学研究と倉頡が発明した漢字作成原理】をあらわした。

◆わがブログ「邪馬台国説はサギ・騙されるな・2回」にて詳細に解説したように――倉頡は、[]の作字方法には矛盾点・不合理な点があることに気づいた。倉頡は最初「子どもは顔を母体の腹部を正面にして出産する」と考えて、[]の字を作ったからである。
 ところが、「子どもはその顔を母体の臀部(お尻)を正面にして出産する」。だから、上に示した[]の字源銀河解説図における「十字の銀河の腹部」は180度転回して「十字の銀河の臀部(お尻)」であると、倉頡は定めた。
 したがって、[]の字源となる「十字の銀河の腹部」は腹部ではなく「十字の銀河の臀部」となる改訂を定着させるために、倉頡は[()]の字を創った。ゆえに、[]は【倉頡が発明した漢字作成方法における基本字】となった。
 倉頡は「十字の銀河の腹部」を「十字の銀河の臀部」と改めて、下の上図に示すように、「十字の銀河」の中央に「禾(イネ)」の図案を重ねる[]の字を考案した。
 この[]の字をもって黄帝が政治目標とした「人民の胃袋を食物で満たす」つまり「五穀豊穣」という政治スローガンをあらわすことにした。
 また、[]の字源銀河解説において「禾(イネ)の穂が〔南〕から〔西〕に垂れている」ように、「時計回りに方位が90度転回して北→東・東→南・南→西・西→北に変わる、転回方位規定」をあらわすことになった。
000011
 さらに、上の下図に示すように、倉頡は「子授け祈願する時や健やかに出産した子どもを祝う時に用いる土器の[(さい)]を肩の上にかかげて巫女が身をくねらせて舞い踊る姿」を図案する[]の字を創った。この[]の字は、黄帝の政治スローガン「人民たちが最も幸福とする、国土に多数の子どもたちが満ち満ちあふれる状況」をあらわした。また、[]の字は「逆時計回りに方位が90度転回して北→西・西→南・南→東・東→北に変わる、転回方位規定」をあらわした。
 上に示した[][]の字は【倉頡が発明した漢字作成方法】をあらわした。
 漢字が作られた「夏の銀河」は日周運動をする。だから、「十字の銀河」や「鬼の横顔に似る銀河」は東北の地平線から昇り西北の地平線下に没する日周運動して「東北→南(天頂)→西北」と方位が変わる。
 ゆえに、銀河各部の運行における方位が転回する様子を日々見て知っていた当時の多くの人々は「【A】地平線より内側の地域の方角規定と、【B】地平線より外側となる遠く離れた地所の方角規定は相違するはずである」と考えた。
 というのも、天頂にめぐってくる「十字の銀河」と「鬼の横顔に似る銀河」は東北から昇り西北の地平線に没し、この「東北(地平線)と西北(地平線)と観測地点の3点」を結ぶと、観測者の足元の角度は「90度」となる。だから、倉頡が考えた【[][]90度転回する方位規定理論】は銀河の運行を日々観察した当時の多数の人々が理解して納得したため、【倉頡が発明した漢字作成方法】として確立されることになった。
 現在の西洋近代科学の合理思考を教育された我々には、倉頡が立論した【[][]の字源で定理した、遠くの地所の方位は90度転回すると定めた理論】は不可解で納得できない。しかし――この転回方位規定理論は【倉頡が発明した漢字作成方法】と定められて、[][]の他に多数の漢字が作られた。ゆえに、「理解できない! 馬鹿げている! ウソだ」と激怒して反論しても、【倉頡が発明した漢字作成方法】となった、この事実は『魏志倭人伝』の記事によって【科学】が成立して証明できるゆえ歴史上の事実であったことになる。

◆倉頡は【漢字作成理論(漢字の作成原理・作成方法)】を象徴する聖獣を定めた。
 『魏志倭人伝』が「倭地には牛と馬が無い(生息していない)と説明する――[]の字源「ジャコウウシ」と[]の字源「フタコブラクダ」は【倉頡が発明した漢字作成理論】を象徴する聖獣となった。
 下の図に示したように、「ジャコウウシ」は「第5週ごろの胎児の姿」に類似すると見立てられた。また、天敵のオオカミに襲われるとジャコウウシの群れは子どもを真ん中に隠し、円陣を組んで衛(まも)った。だから、「円陣の真ん中に隠すジャコウウシの子ども」は「子宮に宿る胎児」に見立てられ、「ジャコウウシの群れが組む円陣」は「女性の生殖器の大半を包囲して子宮に宿る胎児の命を衛る骨盤」に見立てられて、「ジャコウウシ」は【倉頡が発明した漢字作成理論】を象徴する聖獣と定められた。
K62_20210128101801  
 ジャコウウシは有史以前には北半球の寒帯に生息していたが、紀元前3000年頃の黄帝時代になると、多くの地方で絶滅したとされる。黄帝時代、黄帝が居住地としたと推定される陝西省(せんせいしょう)の黄陵県(こうりょうけん)の黄帝陵(黄帝を祀る廟と墓)周辺地域から北方の毛烏素(ムウス)沙漠は凍土・ツンドラ地帯と化していた。ゆえに、秋から冬になると百頭以上が一団となるジャコウウシの幾つかの群れが地平線かなたの毛烏素沙漠から南の黄帝の居住地近い餌場(えさば)を目指してあらわれた。その証拠に、司馬遷著『史記』五帝本紀には「師兵をもって営衛(えいえい)となす」という記事があり、この記事は「黄帝軍は駐屯するとき、兵たちは円陣を組んで自衛した」と意味した。黄帝軍は円陣を組むジャコウウシの習性から学んで円陣を組んで駐屯していたのである。
 「ジャコウウシ」は[][][][][][][][][][][][][][]などの[]の部首を有する文字の字源となり、また「円陣を組んで衛(まも)る習性」から「防衛」の[]の字源となり、あるいは「祭祀に用いる完全(最も理想的)な犠牲(いけにえ)」とされたうえに黄帝時代以後に中国から去って姿を消すと「たたり」を意味する[(すい)]あるいは[(じゅつ)]の字源・字義となった。さらに、医学用語の「子どもが生まれようとするときに妊婦の腹部を襲う猛烈な傷み」の「陣痛」も「円陣を組む習性のジャコウウシ」が語源となった。
 このように[][]の部首を有する多数の字が示すように、ジャコウウシの大群は黄帝が居住した地域の近くまで出現していたのである。
 男たちはジャコウウシを狩猟して、鹿やイノシシと違って生臭さがない麝香(じゃこう)の芳香がする美味しいジャコウウシの肉を家族に与えていた。ゆえに、黄帝遠征軍のジャコウウシの肉を食べる兵士たちは筋肉逞(たくま)しく猛々(たけだけ)しかった。ゆえに、黄帝軍は負け知らずということになり、黄帝は天下を手に入れることができたのである。

 『魏志倭人伝』に記載される「対馬国」「投馬国」「邪馬壱国」「斯馬国」「邪馬国」などの小国名に用いられる[]の字源・字形・字義は「フタコブラクダ」であった。わが国には、フタコブラクダは生息していなかったが、「フタコブラクダ」が字源・字形・字義となる[]の字がつく小国名が5ヵ国、しかも卑弥呼が居住した王国名は「邪馬壱(やまい)国」である。したがって、わが国には「フタコブラクダ」を字源・字形・字義とする[]の原初漢字が存在したことになる。
 〔注 わがブログ「邪馬台国説はサギ・騙されるな・1回」で証明したように、『魏志倭人伝』は「邪馬壱国」と記す。九州説・畿内説の先生方が主張したように『魏志倭人伝』は「邪馬台国」と記していない。いずれにせよ、「邪馬壱国」でも「邪馬台国」でも、卑弥呼が居住した王国名に用いられる[]は「フタコブラクダ」を意味した。〕
 ゴビ沙漠に住む人々にとって、フタコブラクダは「沙漠の船」となって欠くことができない大切な家畜である。フタコブラクダは位置も方位も茫漠としたゴビ沙漠を往来しても道に迷わない。ゆえに、天頂緯度線をキャッチして位置と方位を測定して日々暮らしていた黄帝時代の人々は《フタコブラクダは精確に天頂緯度線をキャッチできる神秘的な眼力を有する》と憧れた。ゆえに、フタコブラクダは聖なる獣と尊重された。
 下の図に示すように、「フタコブラクダの両目は顔の両端にある」と同様に「第7週頃の胎児の両目も顔の両端に離れている」。また、「フタコブラクダの睫毛(まつげ)は長い」と同様に「子ども(乳児)のつぶらな目の睫毛も長い」。
 だから、「フタコブラクダ」は【倉頡が発明した漢字作成理論】を象徴する聖獣となった。
K63_20210128101901
◆中国の五経の第一番目にあげられる古典『易経(えききょう)』繋辞下伝(けいじげでん)は【漢字の起源】について下記のごとく記述する。
 「古者(いにしえ)包犠(ほうぎ)氏の天下に王たるや、仰いでは天象を観、俯()しては地法を観、鳥獣の文と地宜(ちぎ)を観る。近くはこれを身に取り、遠くはこれを物に取る。ここにおいて始めて八卦(はっけ)を作り、もって神明の徳に通じ、もって万物の情に類して結縄(けつじょう)を作った」
 また、この【漢字の起源記事】の直後に、『易経』繋辞下伝は、下記のごとく説明する。
 「上古は結縄して治める。後世の聖人これに易()えるに書契をもってす。」
 この【書契説明記事】における「結縄」は「紀元前4000年頃の三皇時代初頭に生存した包犧氏が考案した易卜に用いた記号の名称」である。また、「後世の聖人」は「【漢字作成理論「鳥獣の文」】を発明し、【万物の情(イメージ)に類する書契】を考案した倉頡」である。
 したがって、上に示した『易経』繋辞下伝の【漢字の起源記事の冒頭と末部】は誤っている。というのも、三皇時代には易に用いる記号である「結縄」を考案したが、黄帝の医学研究をあらわすことができる「万物の情に類する文字」は倉頡によって発明されたからだ。
 上に示した【漢字の起源記事】を「黄帝に仕えた史官の倉頡は、仰いでは天象を観、俯しては地法を観、鳥獣の文と地宜を観る。(中略)。もって万物の情に類して書契を作った」と直すと正しくなる。
 【漢字の起源記事】に登場する「天象」は「夏の銀河」を意味し、「地法」は「東から西へ運行する天象部(銀河部)に反して、中国の大地をけずって流れる代表的な黄河や長江の水は西から東へ去る(移動する)状況」を意味した。「鳥獣の文」は【倉頡が発明した漢字作成理論】をあらわす名称であり、倉頡伝説では「鳥獣の足跡」と名づけられた。「地宜」は「平面的に図化した地図の形」を意味した。「八卦」は「易の判断の基礎となる八つの象(かたち)、すなわち、乾(けん)・兌()・離()・震(しん)・巽(そん)・坎(かん)・艮(ごん)・坤(こん)の称」ではない。「八卦」は「東・西・南・北の四方位と、東北・西北・東南・西南の四方角、つまり八方位、八代(やしろ)、八隅(やすみ)」を意味する。「円形の土俵で、両力士に未だ勝負がつかない」と知らせる行司が「ハッケイ、良()おーい、残った、残った」と叫ぶ掛け声の「ハッケイ」は、【漢字の起源記事】に登場する「八卦」つまり「両力士は土俵上における東・西・南・北の四方位においても、東北・西北・東南・西南の四方角、合わせて八隅のどの方角において土俵の外に出ていない。だから、いまだ勝負がつかずに両力士は土俵上に残っている」と意味するものである。「相撲(すもう)」は「角力」(すもう)とも表記される。メスをめぐって闘うジャコウウシのオスは両端に遠く離れた位置から全速力で両者の大きな角(つの)をめがけて突進してぶつけあい、そして土俵上の角力取りと同様に角と全体重で押し相撲をおこなう。だから、「相撲」は「ジャコウウシのオスの闘いの様子」にもとづいて「角力」とも表記されたのである。
 下に「ジャコウウシの牡が角をぶっつけあって、角力取りのごとく押しあって闘う姿の写真」を示した。〔注 この写真は、星野道夫記念ライブラリー作製の葉書の写真である〕。
Photo_20210128102101

 なお、上に示した【漢字の起源記事】に登場する「近くはこれを身に取り、遠くはこれを物に取る」という文は、前述した【倉頡が発明した漢字作成方法、つまり[][]の字源の秘密】である「【A】地平線より内界の地域の方位と、【B】地平線より外界の遠く離れた地所の方位は90度転回して異なると定めた規定」をあらわした。

◆『魏志倭人伝』は「対馬国の南一海を渡る千余里、名づけて瀚海(かんかい)と曰()う。一大国に至る」と説明する。
 この記事が示すように、卑弥呼は「対馬国(現在の長崎県北部の朝鮮半島と九州本土の中間にある島)と一大国(現在の長崎県北部の壱岐島)の中間の海」を「瀚海」と名づけた。
 「瀚海」は、中国北部・モンゴルより南方にある[]に字源「フタコブラクダ」が棲む「ゴビ沙漠」を意味する。
 西暦121(後漢の建光元年)に安帝に献呈した許慎(きょしん)が著作した“字書の聖典”『説文解字(せつもんかいじ)』は[]の字を「怒るなり。武なり。馬の頭・鬣(たてがみ)・尾・四足の形に象(かたど)る」と解説する。「ウマ」も「フタコブラクダ」も「鬣(たてがみ)」を有するが、「瀚海・ゴビ沙漠」の住む人々にとって欠くことができないたいせつな家畜は「フタコブラクダ」であって「ウマ」ではない。
 卑弥呼は「現在の対馬と壱岐島の中間の東水道」を「瀚海」(ゴビ砂漠)と名づけて、【実った小麦を収穫する秋になると、毛烏素(ムウス)沙漠がある北方のかなたの地平線から1組百頭以上のジャコウウシが犇(ひし)めいて一団となる、その幾組の群れが黄帝の居住地近くにある餌場へ目指して出現した壮大な光景】を甦(よみがえ)らせて、【倉頡が発明した漢字作成理論「鳥獣の足跡」】をあらわすことにしたのである。
 下に「対馬国・瀚海・一大国の地図」を示した。
000012
 卑弥呼は、上の地図における「対馬国」を「ゴビ沙漠・瀚海北方のモンゴル」に見立てた。また、卑弥呼は「瀚海」はもちろん「ゴビ沙漠」に見立て、そして「一大国」は「ゴビ沙漠南方の毛烏素沙漠を縦断してさらに南へ前進するジャコウウシの大群――つまり、黄帝の居住地から見える地平線上にあらわれるジャコウウシの大群」に見立てた。
 下に示すように、「黄色く輝く、三つ輪の銀河」は「月の光が照らして黄色く輝くゴビ沙漠」のイメージとなる。「三つ輪の銀河」に隣接する「黄色く輝く、十字の銀河」も「月の光にきらめく沙漠の沙(すな)」のイメージとなる。ゆえに、「十字の銀河」は「ゴビ沙漠に棲むフタコブラクダ」に見立てられた。
000013
 よって、下の図に示すように、「三つ輪の銀河」は「沙漠」に見立てられ、「十字の銀河」は「フタコブラクダの側身形」に見立てられて[]の字源・字形・字義となり「フタコブラクダ」をあらわすことになった。
000014
 下の図に示すように、「対馬の上県(かみあがた)の地宜」は「フタコブラクダの正面形」に類似すると見立てられた。というのも、前にて図示した「胎児の顔の両目はフタコブラクダの両目と同じく顔の両端にある」。ゆえに、この点からして「上県の地宜はフタコブラクダの正面形」と見立てられることになった。
000015
 上の図に示すように、「対馬の下県(しもあがた)の地宜」は「沙漠を歩くのに都合(つごう)のよい、丈夫な足の指を有するフタコブラクダの足底や足跡の形」と見立てられた。「下県の地宜」は「東北の上県に目指して去ったフタコブラクダの足跡の形」である。「上県の地宜」に見立てられた「フタコブラクダの顔」は〔東〕に向く。同様に[]の字源「十字の銀」のおけるフタコブラクダの顔」も〔東〕に向く〔注 地宜においては「右・東(つまり、右側が東)」となり、天象・銀河図においては「つまり、左・東(左側が東)」となる〕。
 ゆえに、「上県の地宜は、下県がある西南へフタコブラクダが進む正面形」に見立てられ、「下県の地宜は、上県がある東北へ去ったフタコブラクダの足跡の形」に見立てられた。
 だから、「上県・下県の地宜」は「つまりフタコブラクダの姿と足跡の形が一対となる」ゆえ、「上県・下県」の小国名は「一対」の[][]が加わる「対馬」となった。

◆下の図に示すように、「一大国の壱岐の地宜」は[]字形であるということで、「十字の銀河の子宮」に見立てられた。
000016
 2世紀初頭に成立した“字書の聖典”と古代の人々が尊重した『説文解字(せつもんかいじ)』は[]の字源を「至高(しこう)にして上なし。一大に従ふ」と解説する。このように、『説文解字』は、下に示した[]の字源解説図における「十字の銀河の子宮」を「一大に従ふ」と表現した。
 上の「一大国・壱岐」の解説図に示したように、卑弥呼は「壱岐の地宜」を「十字の銀河の子宮」に類似すると見立てたゆえ、小国名を「一大国」と定めた。
000017
 また、卑弥呼が「壱岐の地宜」が相似すると見立てた「十字の銀河の子宮」を、前述したように倉頡は「夏の銀河の各部の形状から作られた全漢字が生まれる子宮」と定めた。
 卑弥呼は「壱岐の地宜」を「十字の銀河の子宮・一大」に見立てれば、玄界灘南方の九州北部の沿岸に所在する「末盧・伊都・奴・不弥」の四小国の地宜にもとづいて考えた小国名に用いられる文字はすべて「十字の銀河の子宮・壱岐島の地宜から生まれる」とあらわすことができると証明した。だから、「壱岐島」は「一大国」と名づけられ、一大国は【倉頡が発明した漢字作成理論「鳥獣の足跡」】をあらわすことになった。
〔注 倉頡が発明した漢字作成理論の「鳥獣の足跡」の語源は「一大国」の「一大」つまり、上にて説明した[]の字源における「十字の銀河の子宮」の「至高にして上なし。一大に従ふ」の「一大」である。ゆえに、「鳥獣の足跡」と「一大」の語源は、共に「十字の銀河の子宮」である。〕

◆下に示した「一大国・壱岐の地宜」は「現在の壱岐島の地図の形を〔東〕を〔南〕へ時計回りに90度方位を転回する[]の字源・字義をあらわす方位規定」に則(のっと)る地図の形である。
 []の字源・字義をあらわす転回方位規定に則る「一大国北端(上部)の地宜」は「毛烏素沙漠はるか遠くの瀚海の東西を往来するフタコブラクダの姿」に見立てられた。ゆえに、「一大国の大半を占める、ジャコウウシの姿」は「春から夏にかけて、黄帝の居住地近くの餌場から次第に北方の毛烏素沙漠へ向かって去ってゆくジャコウウシの群れ」に見立てられたことになる。
000018
 下に、「現在の地図と同じ方位規定における一大国の地宜」を示した。この現在方位にもとづく「一大国の地宜」だと「ジャコウウシの顔は南に向いている」ゆえ、「南へと前進するジャコウウシの大群」に見立てることができる。
 したがって、この「一大国の地宜」は「穀物の収穫期の秋になると、フタコブラクダが棲む瀚海・ゴビ沙漠ある北方から南の毛烏素沙漠へと進み、凍土・ツンドラ地帯と化した毛烏素沙漠を縦断して到着した、黄帝が住む居住地からはるかに遠くの地平線上に出現したジャコウウシの大群」に見立てられたことになる。
000019
 したがって、卑弥呼は「冬になると季節風で海が荒れる玄界灘」を「乾燥した寒風が荒れ狂う吹雪の中をジャコウウシの大群が突きすすんで到着する、風で雪が吹きとばされた地表の露出した餌場・摂食地(せっしょくち)がある一帯地域」と見立てたことになる。
 だから、卑弥呼は「玄界灘の南の沿岸地域」を「黄帝の居住地周辺」と見立てて、【倉頡が発明した漢字作成理論「鳥獣の足跡」】をあらわす4小国の地宜に合致する小国名、つまり「末盧(まつろ)国・伊都(いと)国・奴()国・不弥(ふみ)国」の4小国名を定めた。
 「対馬国の地宜」は「聖獣・フタコブラクダの姿」に相似すると見立てられ、「一大国の地宜」は「遠くの見える聖獣・フタコブラクダの姿と近くに見えるジャコウウシの姿」に見立てられた。そして、「対馬国の下県の地宜」は「フタコブラクダの足跡」に見立てられた。だから、【倉頡が発明した漢字作成理論】の名所「鳥獣の足跡」における[]と「足跡」がそろっているが、「鳥」と見立てられた地宜が対馬国と一大国には存在しない。
 しかし、九州北岸に所在した「不弥国」の[][]の字源は「鳥」をあらわした。
 『説文解字』は[]の字源を「鳥飛んで上翔(じょうしょう)し、下り来らざるなり。一に従ふ。一はなほ天のごときなり」と解説する。この[]の字源解説後半の「一に従ふ。一はなほ天のごときなり」は、前述した『説文解字』の[]の字源解説「至高にして上なし。一大に従ふ」の「一大」をあらわしている。[]の字源は「水鳥のカンムリカイツブリ」である。カンムリカイツブリは夏に中国東部一帯地域で生息して、穀物が実る秋の収穫期になるとユーラシア大陸の中緯度地方(モンゴル・ロシア連邦)で繁殖するために中国を去る。カンムリカイツブリが中国を飛びたち黄帝が住む居住地の天空を飛翔してモンゴル・ロシア連邦へ向かう秋になると、ジャコウウシの大群が瀚海・ゴビ沙漠を縦断して黄帝が住む地域一帯のはるか北方の地平線に出現したのである。
 ゆえに、卑弥呼が立論した【現在方位と同じ対馬国・瀚海・一大国・玄界灘の地宜と、[]の字源・字義「時計回りに90度方位が転回する規定」に則る末盧国・伊都国・奴国・不弥国の地宜】は【倉頡が発明した漢字作成理論「鳥獣の足跡」】をあらわした。
 だから、約2000字で構成される『魏志倭人伝』は約1100字・約55パーセントの記事をもって「卑弥呼王朝の政権基盤は【倉頡時代が発明した漢字作成理論「鳥獣の足跡」と夏音文字の学芸】であった」と説明していたことになる。

◆以上のごとく解説・証明した【卑弥呼が考えた倭地理論】からして、学者たちが主張する邪馬台国説の論法は根本的に誤っていた。
 というのも、【「夏の銀河の各部の形状から作られた全漢字は、漢字を生む子宮「鳥獣の足跡」から生まれる」と定めた倉頡の漢字作成理論】を、卑弥呼は【「対馬国の地宜」・「瀚海」・「一大国の地宜」・「玄界灘」の四つの要素】を一つの統合体にして、この四つの各要素が相互に合理となるように巧みな機構(仕組み)を構築するものであったからである。
 この卑弥呼が考えた倭地理論は、当時の中国の後漢王朝が国内の反体制側はじめ諸外国が習得して革命や乱や外国による占領に利用されるのを心配して、王朝と国家が独占管理して最も厳重に機密保持する知識、すなわち【倉頡が発明した漢字作成理論】であった。
 ゆえに、倭国の一女子の卑弥呼に、対馬国と一大国の地宜を知らない後漢王朝が国内・国外に絶対に知られてはならないと最も厳重な機密とした【倉頡が発明した漢字作成理論】を手解(てほど)きするはずがない。また、後漢王朝が「対馬国と一大国の中間の海は瀚海・ゴビ沙漠であった」という冗談(じょうだん)を卑弥呼に教授するなんてことは、まず考えられない。

 学者たちは、『魏志倭人伝』という史料に対する最も基本的な考え方(論法)を――『魏志倭人伝』は単純にわが国の史料として読んではならない。なぜならば、中国で著作された歴史史料であるからである。だから、『魏志倭人伝』は中国史の外国伝という視点からどのように書かれているか、またそれがどのような目的のもとに書かれているのかを慎重(しんちょう)に理解したうえで読む必要がある――と定めている。
 ところが、『魏志倭人伝』における「対馬国・瀚海・一大国・玄界灘」の記述は、上記したように【倉頡が発明した漢字作成理論「鳥獣の足跡」について、卑弥呼が立論した地理論】を説明するものであった。ということは、学者たちの「『魏志倭人伝』はわが国の史料として読んではならない。あくまでも中国の歴史史料として思考しなければならない」という論法は根本的に誤っていたことになる。
 『魏志倭人伝』は「魏都・帯方郡・諸韓国が文書に用いる楷書と、卑弥呼が文書に用いる原初漢字(夏音文字)は差錯(ささく/相違)していたが、伊都国の港で楷書と夏音文字のあいだに誤訳が生じないように点検して確認していた」と記述しているように、「倭国には原初漢字(夏音文字)があった」と明記する記事が存在する。
 したがって、『魏志倭人伝』は学者たちが定めた論法に反して――卑弥呼が夏音文字を用いて文書に書いた文を、伊都国の港で魏の都と帯方郡が誤訳・誤解しないように魏都・帯方郡で用いられる楷書に変換した文章を、そのまま著者の陳寿(ちんじゅ)が書き写してまとめた史料が『魏志倭人伝』――であったことになる。
 だから、『魏志倭人伝』はわが国によって作られた史料であったことになる。
 言いかえると、『魏志倭人伝』に記載された33の小国名と小国名不明の1小国の計34ヵ小国の説明記事は――後期縄文時代初頭、中国から「精密地図作製方法」と得意とした名門益(えき)氏の王子(天祖)と若者たちが玄界灘を渡り日本海の沿岸地帯を北進して東北地方の男鹿・米代川縄文文化圏に定住し、【倉頡が発明した漢字作成理論と夏音文字の学芸と精密地図作製方法】を東日本一帯にひろめた歴史――を再現して卑弥呼が立論した倭人国の地理を伝えるものであった。
 前回のわがブログ「邪馬台国説はサギ・騙されるな・3回」にて詳細に解説摘したように――『魏志倭人伝』には「古(いにしえ)より以来、倭の使者が中国に到着すると、彼らはみな“大夫”と称した」という記事がある。万葉仮名の「大夫」は「ますらを」と読み、「ますらを」は今日「益荒男」と表記する。「益荒男」という語は「益氏の王子と若者が渡ったように、荒波逆巻く玄界灘を渡ってきた男子」と意味することになる。ゆえに、『魏志倭人伝』に記される「大夫」という語は「後期縄文時代初頭、名門益氏の王子(天祖)と若者たちが日本列島に定住して【倉頡が発明した漢字作成理論と夏音文字の学芸と精密地図作製方法】をひろめた」と伝える語でもあったことになる。
 次回のわがブログ「邪馬台国説はサギ・騙されるな・5回」は、後期縄文時代初頭、男鹿・米代川縄文文化圏に定住した名門益氏の王子(天祖)と若者たちが【倉頡が発明した漢字作成理論と夏音文字の学芸と精密地図作製方法】を伝えたために、当時における中国最先端の学問は関東地方までひろまった様子を科学的に詳細に解説して証明する。したがって、卑弥呼が生存した後期弥生時代において【精密地図作製方法】が西日本一帯まで波及していたゆえ、上に示した〈対馬国と一大国の地宜〉を卑弥呼は知っていたのである。
 以上、学者たちが主張するように、『魏志倭人伝』は中国の歴史史料・中国史の外国伝ではなかったのである。

◆『魏志倭人伝』と名づけられた史料は、『三国志』魏書東夷伝の末部の〔倭人伝〕の通称である。
 著者の陳寿は、『三国志』魏書東夷伝の序文で、東夷諸国の史料についての考え方を下記のごとく述べている。
 「中国人がその地を訪れたことがなく、外国から来る使節や使者が伝える説明では、その国の位置や習俗は正確に知ることができない。二十数年も西域地方に行って過ごした前漢の外交官の張騫(ちょうけん)が帰国して伝えた報告でも、西域地方のことはすべて詳しく正確にわからなかった。西域に都護府(とごふ)を設置してから、ようやく西域のことが正確に記述できるようになった。したがって、東夷諸国のことは、魏の景初(けいしょ)二年(238)と正始(せいし)六年(245)の再度の司馬懿(しばい)が率いた魏軍の出兵で、この遠征軍が通った地方の国々の大小や国名・風俗・習慣などについて正確に書くことができるようになった。」

ゆえに、陳寿は魏の正始八年(247)に倭人国に派遣された帯方郡使節の張政(ちょうせい)が書いた帰国報告書は、西域に派遣された前漢の張騫の帰国報告書と同じく信頼しなかったことになる。また、魏の景初二年の十二月に魏都に到着した大夫の難升米(なしめ)と次使の都市牛利(たじごり)の倭人国に関する説明は陳寿が「その国の位置や習俗を正確に知ることができない」と考えた外国から来た使者の説明となるゆえ、帯方郡使の張政よりも信頼したであろうが、卑弥呼が書いた文書の記述よりも信頼できないと考えたことになる。
 前述したように、『魏志倭人伝』は「魏都・帯方郡・諸韓国の文書の用いる楷書と卑弥呼が文書に用いる文字(夏音文字)は差錯していたが、伊都国の港で点検し確認して魏都・帯方郡政庁にて誤訳・誤解しないように正確に楷書に変換していた」と記述する。これゆえ、陳寿が最も信頼したのは卑弥呼の文書に用いた夏音文字を伊都国で正確に変換した楷書で書かれた文章であったことになる。というのも、上記の『三国志』魏書東夷伝の序文で陳寿は「魏の将・司馬懿が率いた遠征軍による記録が最も信頼できる」と述べているが、魏軍は倭人国に遠征しなかったゆえ、結局、彼が最も信頼した史料は卑弥呼が夏音文字で書いた文書を伊都国で楷書に変換した文書であったことになる。
 伊都国で楷書に変換した卑弥呼が書いた多数の文書は司馬懿のもとに集められ、魏が滅ぶと後年司馬懿の孫の司馬炎(武帝)が興した晋王朝が所蔵して保管したことになる。ゆえに、晋の司馬炎(武帝)の晩年である太康年間(280289)において著作郎(歴史編纂官)であった陳寿は、著作郎としての任務として晋王朝が機密とした《楷書に変換された卑弥呼が書いた、多数の文書》を閲覧することを許可されていた。晋王朝に保管された倭人国に関する諸々の史料のうち、上記したように陳寿は『三国志』魏書東夷伝の序文にもとづくと楷書に変換された卑弥呼の文書を最も信頼したことになる。卑弥呼が書いた文書には、卑弥呼が統治した倭人国の小国名不明を含む34ヵ国の小国に関する説明が記述されていた。ゆえに、倭人国を構成する34ヵ国もの多数の小国名は疑う余地もなく卑弥呼が統治した国々の名称であると確信できる史料となる。したがって、陳寿にとって最も信頼できる方位や距離などが記述されていた対馬国から邪馬壱国までを含む倭人国の34小国名が記述されていた文書を、『魏志倭人伝』に書き写したことになる。
 卑弥呼が書いた文書には卑弥呼が《後期縄文時代初頭に【倉頡が発明した漢字作成理論と夏音文字の学芸と精密地図作製方法】を習得した歴史》をあらわすために設定した「瀚海」が、当然、「対馬国と一大国の中間の海の名」として記されていたことになる。また、倭人国の使者の大夫難升米と次使都市牛利が倭人国を説明した文書史料と帯方郡使の張政が作った報告書にも、「瀚海」という記述は存在したにちがいない。というのも、対馬国と一大国の中間の瀚海は倭人国の使者も帯方郡の使者も共に往来した航路であったからである。
 「瀚海」は「ゴビ沙漠」を意味する。
 ゆえに、用意周到で慎重であったという陳寿は当然「なぜ、瀚海だ?」と最初は疑問を抱き、多分、誤記であろうと判断して削除しようと考えたであろうが――倭人国の使者の説明文書と帯方郡使の張政の報告文書にも「瀚海」が記されていたゆえ、陳寿は疑うのをやめて何かの理由・根拠があるからこそゴビ砂漠に因んで「瀚海」という名を卑弥呼は付けたにちがいないと思い直して「対馬国と一大国の中間の海は瀚海である」と伝える文を削除しなかったと推定される。
 上記したように、【対馬国と一大国の中間の海を、瀚海】とすると【5000年前にジャコウウシの大群が黄帝の居住地近くまで出現した様子と倉頡が発明した漢字作成原理「鳥獣の足跡」】をあらわすことができる。したがって、『魏志倭人伝』の34の小国記事は卑弥呼が書いた文書に記述されていたことになる。
 だから、学者たちが「『魏志倭人伝』は単純に倭人国の史料としてあつかってはならない。中国の歴史史料であるゆえ、中国の史料研究の立場から思考すべきである」と定めるパラダイム(理論的枠組み)は根本的に誤っていたのである。

 次回は上記したように、「対馬国の地宜と瀚海(ゴビ沙漠)と一大国の地宜」は《後期縄文時代初頭、【精密地図作製方法】を得意とした名門益氏の王子(天祖)と若者たちが日本列島の東北地方の男鹿・米代川縄文文化圏に定住した歴史》と密接に関係する事情について詳細に解説して証明することにする。この証明によって、「対馬国の地宜」は「フタコブラクダの姿と足底の形」であり、「瀚海」は「ゴビ沙漠」を意味し、「一大国の地宜」は「遠くに見えるフタコブラクダの姿と黄帝の居住地近くまで出現したジャコウウシの大群」をあらわすものであったと確信できる。
 だから、『魏志倭人伝』は卑弥呼が書いた文書を伊都国で楷書に書き直した文書を陳寿が信頼して丸写しにした史料、言いかえると卑弥呼が考えた《【倭人国の地理】と【倉頡が発明した漢字作成理論】と【倉頡が発明した漢字作成理論と夏音文字の学芸を益氏が広めた後期縄文時代初頭の歴史】を合体化した学術理論》を伝えるものであったのである。要するに、『魏志倭人伝』の主なる記事は【倉頡が発明した漢字作成理論】を卑弥呼が倭人国33ヵ国の地宜と小国名をもって合理的に組織化した倭地理について説明するものであったのである。ゆえに、中国にて作られた史料ではなかった。だから、九州説と畿内説は『魏志倭人伝』の全記事と1ヵ所も合致しないフェイク・デマ・サギだったのである。

|

« 邪馬台国説はサギ・騙されるな・3 | トップページ | 邪馬台国説はサギ・騙されるな・5 »

卑弥呼」カテゴリの記事

邪馬台国」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

漢字の起源」カテゴリの記事

日本国誕生史の証明」カテゴリの記事

大嘗祭の証明」カテゴリの記事

まぼろしの邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 邪馬台国説はサギ・騙されるな・3 | トップページ | 邪馬台国説はサギ・騙されるな・5 »